美女と野獣(1991年)

美女と野獣(1991年)○ディズニー
この記事は約5分で読めます。

美女と野獣(1991年)

 

『美女と野獣』のアニメ版です。
古い映画で有名な話ですが、感動の映画でした。

魔法の呪いは、野獣が愛し、愛されることでしか解くことが出来ません。本当の愛とは何かを学ぶことが出来ました。

ざっくり、あらすじ

森の中のお城に若く美しい王子が住んでいました。
城に宿を借りにきた醜い魔女に冷たい仕打ちをした為に、王子は醜い野獣の姿に変えられてしまいます。

時は経ち、村の発明家が道に迷い城に来たのですが、不法侵入だと牢に入れてしまいました。
そして彼の娘ベルが探して城にやって来ました。

もし、娘と醜い野獣が恋に落ちれば魔法は溶けるのです。

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

知っていても楽しめる作品

『美女と野獣』は有名な話です。誰でも知っています。
知っていても、映画を観て楽しむことが出来ました。
子供から大人まで幅広い年齢で楽しむことができるでしょう。

ベルの幸せな顔


城でのガストンとの戦いの中、野獣がベルに駆け寄り顔をなでた時、ベルの顔がとても幸せそうでした。まだ戦いの中なのに、二人はそんな事も無いように再会を喜びます。本当に愛し合っているんですね。

ベルの幸せそうな顔を見た時、アニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』を思い出しました。
主人公の花が雨の中崖から足を滑らせ動けない時に、死んだ彼(おおかみおとこ)が現れて助けてくれるんですね。その時の花がとても幸せな表情を見せるんです。

その顔をこのシーンで思い出しました。
女性にとって最愛の男性に会えるのが一番幸せなのでしょう。

本当の愛


本当の愛とは何のなのでしょか。

野獣は、ベルが父親を心配しているのを見て、ベルを村に戻します。
戻れば、野獣は元の姿に戻る事が出来ません。それでも野獣はベルの幸せを思い戻すのです。

一方、ベルは、ガストン達が野獣を殺しに行った時、無力にも関わらず野獣に助けに行きました。もしかしたら彼女も殺されるかも知れません。それでも彼女は野獣の元に行くのです。

自分の幸せを犠牲にしても愛する人の幸せを優先させる事が本当の愛なんですね
なかなか出来る事ではありません。
本当の愛なんですね。
そんな愛をしてみたいですね。
その時、僕の醜い姿も野獣のように美しくなるかも知れません。

ディズニーの人気の秘密?


ディズニーは、あまり詳しくないのですが、これまでに、『アナと雪の女王』『アラジン』『美女と野獣』を観ました。

どれも「愛」がテーマです。
「愛」とは何かを教えてくれます
これがディズニーの人気の秘密なんですね。

世界一醜い男、ガストン

ガストンは、
モーリスを気狂いだと精神病院に入れようとしました
自分が信用されている事を利用して、私利私欲のために、自分に都合の悪い人間を気狂いに仕立て上げようとします。

また、
「野獣は子供達をさらいに行くぞ。夜になるとやってくる。奴の首を切り落とすまで安心出来ない。」
と村人を騙し、野獣を殺しに出かけました。

自分の私利私欲の為に、野獣を悪者に仕立て上げ殺しに行くのです
人間のクズのような男です。これ程の汚い人間はいないでしょう。
姿は野獣は醜いのかも知れません。でも、本当に醜いのはガストンでしょう。

もし野獣が死んでいたら人々は絶対にガストンを許さないでしょう
ガストンは谷底に落ちて死にましたが、もし生きていたとしても人々は彼を許さないでしょう

『アナと雪の女王2』の言葉で言うならば、「水は記憶している」です。

名シーン

サウンドトラック

作品

スポンサーリンク

スタッフ・出演

監督 ゲーリー・トゥルースデイル カーク・ワイズ
出演者 アンジェラ・ランズベリー ロビー・ベンソン リチャード・ホワイト ジェリー・オーバック ブラッドリー・ピアース デヴィッド・オグデン・スティアーズ
音楽 アラン・メンケン
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション
配給 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国 1991年11月22日
香港 1992年8月20日
日本 1992年9月23日
イギリス 1992年10月9日
フランス 1992年10月21日
イタリア 1992年12月2日
上映時間 劇場公開版:84分
アイマックス公開版:92分
製作国  アメリカ合衆国
言語 英語

合わせて読みたい

ディズニー映画

コメント

タイトルとURLをコピーしました