アナと雪の女王 (2014年)

○ディズニー
この記事は約4分で読めます。

アナと雪の女王 (2014年)

あらすじ

ざっくり、あらすじ

エルサアナアレンデール王国の王女として生まれました。エルサは物を凍らせ、雪や氷を作る魔法を持っていました。両親が事故で亡くなりエルサは王位を継ぐ事になります。

妹のアナは戴冠式で知り合ったばかりのハンスと婚約しました。それを聞いて、怒ったエルサは魔法が暴走してしまい、アレンデール王国は雪に包まれてしまいます。エルサは、山に氷の城を作って閉じこもってしまいました。

アナエルサを追いかけ、途中で出会ったクリストフと共に氷の城にエルサを迎えに行きます。

真実の愛」とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

さすが、ディズニー

映像と音楽の美しさそして感動のストーリー。さすがディズニーと言う作品です。前に字幕版、吹き替え版を観て、『アナと雪の女王2』が公開されるのに合わせて観たのですが、改めて良かったです。
「あらすじ」はもっと簡単に書こうと思っていたのですが、映画の感動が蘇って出来るだけ皆さんに伝えたくなり、沢山キーボードを叩いていました。読んで映画の感動が伝われば嬉しいです。

主題歌”Let It Go”の力強さ

エルサが城を抜け出し、山に向かう時、主題歌「 Let It Go』が流れます。
歌詞をじっと聞いていると力強いですね。過去の扉を閉じて前に進もうと言う気持ちが伝わって来ます。
今までは自分の感情を抑えてきたけれども、もう思いのまま生きていいと前向きに、状況を捉えています。
嫌なことがある時、僕達は耐えるのがいいと思ったりします。でも、逃げても良いんですね。逃げても良い、新天地で生きれば良い。自分の道を歩めば良い。そんな事を思いました。
良い歌詞です。世界中で流行ったのも分かります。

二つの”真実の愛”

オラフが愛について良い事を言いますね。
愛というのは、自分よりその人の為を思う事
この話で真実の愛は2つありましたね。
一つはアナとエルサです。アナがエリザを守る為に身を投げ出した。それが真実の愛でした。エリザとアナの姉妹は幼い頃から仲良しでいました。兄弟姉妹でも、助け合わないどころか嫉妬し憎しみ、足の引っ張り合いをしているのも多いです。情けない話ですね。皆さんはエルサとアナのようであって下さい。
もう一つクリストフとアナです。クリストフは好きだったアナを救う為に婚約者ハンスの元に残しました。アナの事が好きなのに、彼女を救う為他の男の元に残すのです。辛い選択だと思います。彼女を愛するが故に彼女から離れる。これも真実の愛なんですね。
僕もそうありたいです。努力します。辛いですが。

クリストフとアナの甘いキス

クリストフとアナが結ばれて本当に良かったです。映画を観ながら、二人の関係がずっと気になっていました。二人は良い雰囲気なのに、結ばれないのだろうか、と気になっていました。アナはハンスとキスをする気満々でした。その様子を観た時、身分に差があると無理だよなと思ってしまいました。
ラストで二人が甘いキスをした時が、この映画で一番良かったですね。ホッとしました。それで「あらすじ」も二人のキスで終わらせました。
愛は身分を超えるんですよ。きっと。。。

作品

スポンサーリンク

スタッフ・出演

監督 クリス・バック ジェニファー・リー
脚本 ジェニファー・リー
原案 クリス・バック ジェニファー・リー シェーン・モリス
原作 ハンス・クリスチャン・アンデルセン 『雪の女王』
出演者 クリスティン・ベル イディナ・メンゼル ジョナサン・グロフ

主題歌 英語版 イディナ・メンゼル/デミ・ロヴァート「レット・イット・ゴー」
日本語版 松たか子「レット・イット・ゴー~ありのままで~」(日本語歌)
    May J.「レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング)」
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国  20131127日 日本  2014314
上映時間 102
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語

関連

公式サイト

上映中「アナと雪の女王2」公式サイト

合わせて読みたい

アナと雪の女王2(2019年)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました