雲のむこう、約束の場所(2004年)

映画 雲の向こう、約束の場所ドラマ
この記事は約3分で読めます。

雲のむこう、約束の場所(2004年)

雲のむこう、約束の場所 新海誠(2004年)

あらすじ (ネタバレ)

戦後、日本は南北に分断される。青森までが日本で、北海道は共産国家群のユニオン。

米軍統治下の青森で少年藤沢浩紀と白川拓也は津軽海峡の向こうの空高くまでそびえるユニオン塔に飛行機ヴェラシーラを飛ばすことを夢みている。浩紀は同級生の沢渡佐由理に計画を話し、一緒に行こうと約束をした。

中学校卒業後、浩紀は東京へ拓也は青森に残り佐由理は突然姿を消した。それから3年の月日が流れた。拓也は佐由理が原因不明の昏睡状態になっていると知る。

ユニオン塔を中心に並行宇宙が存在している。平行宇宙は世界を飲み込もうとしている

実はユニオン塔は佐由理が設計したもので、佐由理の脳と繋がっていて佐由理が目覚めると世界が崩壊してしまう。

佐由理を目覚めさせるため浩紀は飛行機ヴェラシーラに佐由理を乗せて、約束の地ユニオン塔を目指して飛んでいく。

スポンサーリンク

感想 (ネタバレ)

ストーリーは詩のように静かにロマンチックに進んでいく。少しずつ分断された世界と並行宇宙が明らかにされていく。離れ離れにいる恋するヒロキと佐由理の気持ちが伝わってくる。少しの会話の中にも二人の思う気持ちが伝わってくる。新海誠らしいピュアな恋が描かれれている。彼の描く恋は切ない。

浩紀が佐由理が入院していた病院にいくが、もう佐由理は退院していた。その時に病室に行くと、佐由理の幻影が現れ二人は言葉を交わす。このシーンは「君の名は」のシーンを思い出した。

世界が崩壊しても浩紀は佐由理を救おうとするのは、「天気の子」を思い出させる。世界は崩壊するかも知らない。でも、大好きな人の方が大切だろう。その気持ちはよく分かる。佐由理が意識を取り戻し、一言でも言葉を交わせるなら、笑顔が見れるなら、あとはどうでも良いだろう

塔へ向かって飛ぶ飛行機のシーンが美しい。他のシーンも美しく見えるように工夫されている。

設定が難解で頭に入りづらいのが残念だが、二人の恋がロマンチックに演出されている。

声優の演技も二人の切ない恋心を上手く表現している。

作品

スタッフ・声優

監督 新海誠

脚本 新海誠

製作総指揮 新海誠

出演者 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香 石塚運昇 井上和彦 水野理紗 木内秀信 中川里江

合わせて読みたい

新海誠監督 作品

ドラマ 映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sarahをフォローする
スポンサーリンク
祈りログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました