言の葉の庭 新海誠(2013年)

映画 言の葉の庭ドラマ
この記事は約3分で読めます。

言の葉の庭(2013年)

あらすじ (ネタバレ)

靴職人を目指す高校生秋月孝雄は、雨になると決まって学校をサボり新宿の公園の庭園で靴のスケッチをしていた。ある日タカオが庭園に行くと、女性雪野百香里(ユキノ)が一人ビールを飲んでいた。少しずつ二人は打ち解けていった。雨の日は二人で庭園で会う。

タカオはユキノに靴職人になる夢を語る。親しくなる二人。タカオは彼女に靴を作りたいと思う。

でも、タカオはユキノの事を何も知らない。名前も年齢も職業も。

梅雨が明け、2学期になったある日、タカオが学校でユキノとすれ違う。ユキノはタカオの学校の古典の教師だった。

ユキノは生徒とのトラブルで学校を辞める事になっていた。

恋する二人。離れゆく二人。

スポンサーリンク

感想 (ネタバレ)

二人の何気ない言葉の遣り取りが積み重なっていく。少しずつ相手を受け入れていく。雪乃のことは、名前も年齢も仕事も何も知らないタカオ。でも、恋は育っていく。タカオは雪乃と会うのが楽しみになり、雪乃のための靴を作りたいと思う。どんどん強まる思い。別れを知った時に、やっとタカオは雪乃を恋している事を告白する。好きだから相手の事を聞けない。好きだから相手に告白できない。切ないです。でも、恋はそんなものかも知れない。

 

二人が会うのはいつも雨の日。不思議な感じがする。

晴れた日と雨の日なら晴れた日の方がみんな好きなんだと思う。でも、雨の日もいいよね。雨の日って一人黙って考え事をしたくなるし、その嫌な気持ちも雨で洗い流されるような気がする。雨の日に歩きながら何か考え事をすると、ふっと気が楽になる。

 

雨、日本庭園、万葉集と情緒で癒されます

映される雨の様子や緑が美しい。実写や写真では上手く表現できないかも知れない。実写よりも美しいと思える。

エンディングで流れる秦基博の「rain」が映画にぴったりでした。大江千里の言葉のセンスが素晴らしいです。

サウンドトラック

Rain(秦基博)

作品

スタッフ・声優

監督 新海誠

脚本 新海誠

原作 新海誠

主題歌/挿入歌 秦基博

出演者

入野自由 花澤香菜 平野文 前田剛 寺崎裕香 星野貴紀 井上優 潘めぐみ 小松未可子 早志勇紀 関根航  水野理紗 下崎紘史 石嶋久仁子 村田太志 田所あずさ

合わせて読みたい

新海誠監督 作品

ドラマ 映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sarahをフォローする
スポンサーリンク
祈りログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました