スポンサーリンク

バットマン (1989年)

バットマンアクション
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

バットマン (1989年)

スポンサーリンク

バットマン (1989年)

あらすじ (ネタバレ)

バットマン登場

ゴッサムシティで家族がチンピラに襲われる。そこに黒い影が現れた。バットマンだった。チンピラを懲らしめ、自分の事を言いふらすように言ってチンピラを逃す。

ゴッサムシティの200年祭のパーティー会場となった屋敷は、ブルース・ウェインの屋敷だった。ビッキー・ベールは女性カメラマンで取材に来ていた。ベールはウェインと出会い、恋に落ちる。ウェインは監視カメラの映像から、警察がアクシス化学に乗り込む事を知る。実は、バットマンの正体はウェインだった。

バットマンとジャックの戦い

ジャックは悪のボスグリソンの右腕だが、グリソンは気に入らない事があり、ジャックを罠に嵌める。グリソンの指示で、アクシス化学に行くと警察が乗り込んで来る。バットマンも乗り込んで来てジャックとの戦い、そしてジャックを酸の樽に突き落とす。

ジョーカー誕生

死んだかと思われたジャックは生きてた。瀕死の重傷をおったジャックは、バットマンを恨み、復讐を誓う。そして、ピエロの化粧をして「ジョーカー」と名乗る。

ジョーカーは、自分を裏切ったグリソンを殺し、自分がボスの座に座る。

ジョーカーの悪巧み

ウェインはベールを屋敷に呼ぶが、次の日ウェインはベールを残して出掛けて行く。不審に思ったベールはウェインの後をつけるが、ウェインはあるホテルの前に花束を供える。ウェインの両親はこのホテルの前で、チンピラに殺されたのだった。

ベールは美術館に遅れるとウェインに連絡を入れるが、ウェインは約束した覚えがなかった。ベールを気に入ったジョーカーが仕組んだのだった。ベールがウェインを待っていると、美術館にジョーカー一味が現れ、毒ガスが撒かれ、美術品に落書きがされた。そこに不審に思っていたバットマンが現れ、ベールを助け出す。

ウェインは、死んだ両親の事を調べるうちに、両親を殺したのはジャックだと知る。

ウェインは自分がバットマンだと、ベールに打ち明けようとするが上手くいかない。ふとした事で、ベールはバットマンの正体がウェインだと知る。

ベールはもう危険な事は辞めて欲しいとウェインに言うが、ウェインは、ジョーカーのアジトに乗り込んでいく。

バットマンVSジョーカー

お金をばら撒くジョーカー。お金を拾おうと人々が集まってくるが、そこでジョーカーは毒ガスを撒く。バットマンは毒ガスから人々を守が、ベールをジョーカーに拐われてしまう。

ジョーカーはベールを連れて教会を登って行く。追いかけるバットマン。バットマンはジョーカーと乱闘の末、ジョーカーは教会から落ちて死ぬ。

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

主人公はバットマンだが、ジャックニコルソン演ずるジョーカーの印象が強すぎて、「バットマン」と言うより「ジョーカー」って言う映画かと思ってしまう。ジョーカーの狂気と愛嬌を演じたジャックニコルソンは凄いと思います。

 

場面の切り替わる頻度が多くて、スピード感がある。映画を最後まで集中して見る事が出来ました。

マイケル・キートンが老けているので、アクションヒーローなのだから、若い俳優を使ってた方が良かったのでは、と思います。好みかもしれませんが。

作品

スタッフ・出演

監督 ティム・バートン

出演者 マイケル・キートン ジャック・ニコルソン

主題歌 プリンス「Batdance

公開 アメリカ合衆国 1989623日 日本の旗 1989122

上映時間 127

製作国 アメリカ合衆国

言語 英語

 

関連

上映中の『ジョーカー』公式サイト

映画『ジョーカー』ブルーレイ&DVDリリース
映画『ジョーカー』ブルーレイ&DVDリリース。2020.1.29ブルーレイ&DVD発売 レンタル同時開始 1.8【先行】デジタル配信開始

バットマン映画まとめ (バットマンからダークナイトライジング+クロスオーバー作品)

ジャック・ニコルソン出演

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] バットマン1989年上映の『バットマン』を観ました。ティム・バートン監督。ジョーカー役は、あのジャック・ニコルソン。バットマンもジョーカーも上手く演じられています。古 […]

タイトルとURLをコピーしました