ダークナイトライジング (2012年)

○アクション
この記事は約5分で読めます。

ダークナイトライジング (2012年)

ダークナイトライジング (2012年)

あらすじ

バットマンがデントを殺した男として追われ、ブルース・ウェインはもう8年も人前に出ていない。

ブルースの盟友・ゴードンはバットマンの復活を願っていた。

ウェインの屋敷で雇われたメイドの女がブルースの部屋に入ると、そこには杖をついたブルースがいた。彼の体はボロボロだった。

ロシアの核物理学者がマスクの男ベインに誘拐され、ゴッサムの証券取引所がベインの傭兵に襲われる。

それを知ったブルースは久しぶりにウェイン産業を訪れ、地下の武器庫に入った。そこにはバットマンの新しいビーグル「バット」があった。

バットマンは復活に胸が膨らむ。

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

ボロボロのブルース

映画の最初から引き込まれて、最後までハラハラしっぱなしでした。

映画の初め、ブルースが杖をついてボロボロになって登場します。きっと演技だと思いたかった。ですが、本当にボロボロで苦しい気持ちになりました。生身に人間がやっているんだから体が壊れていくのは当然。

映画の初めでは、バットマンはデントを殺した悪者で憎まれている、辛い気持ちになりますね。それだけに、銀行強盗を追うバットポットを見た時はとても嬉しかったです。

頑張れブルース、頑張れバットマン

ベインにボコボコにされるバットマン。マスクまで剥ぎ取られ、ブルースは寝たきり状態。気持ちはドンと沈んて行きました。まるで小さな子供のように、心の中で「頑張れブルース」と叫びました。

ブルースが脱獄し、バットマンが復活する。そんなヒーロー映画の当たり前の展開、心が踊りました。

カッコいいバットマン、キャットウーマン

追ってくるミサイルから逃げるバット。バットマンの乗るバット、キャットウーマンの乗るバットポットの繰り広げるアクションが最高にカッコ良かったです。

死への恐怖

「奈落」で男がブルースに言った言葉

死を恐れていない。それが強さだと思っている。そこがお前の弱さだ。限界を超えた速さ。誰よりも長く戦う力。それには魂の強い鼓動が必要なのだ。それは死への恐怖だ。

僕達は、死を恐れずに戦う事が強い事、「死を恐れない」事が強い事だと勘違いしてしまう。ブルースもきっとそうなんだろう。だから、ブルースは無茶をして体をボロボロにしてしまった。

悪に騙されてはいけない

市民が抑圧されていると唆し、刑務所を開放し、金持ちを襲わせる。ベインがゴッサムを混乱させたやり方は、(フランス)革命を彷彿させます。このような悪の言葉に騙されてはいけない。現実にもいるだろう。

本当の平和

ゴッサムの平和はバットマン一人で手に入れた訳でなく、みんなの力で手に入れた物。バットマンの疑惑は晴れ、命を捧げた正義の象徴となった。本当の平和が訪れた。これからもゴッサムの人々の手によって平和は保たれるだろう。また、これから、第2、第3のバットマンが市民の中から現れるに違いない。

ラストで、ブルースは死んだのか生きているのか

核爆弾はバットと共に爆発し、ブルースの葬儀が行われる。死んだのかと思われるが、違う。

  • アルフレッドがフィレンチェのカフェでブルースを見つける。女性はネックレスをつけている。セリーナだ。(セリーナは、「一緒に逃げよう。そして生きるの」と言っていた)
  • フォックスがソフトの不具合を診てもらった時半年前にブルースによって自動操縦修正のパッチが当てられていた。
  • キャットウーマンが「無人で行くの」と聞いた答えは、英語では“No. Auto pilot”だが、「自動操縦は無い」とも「いや、自動操縦だ(自動操縦で行く)」のどちらとも取れる。
  • ゴードンが戻ると、バットシグナルが直っている

ブルースは自動操縦に切り替えて脱出したのだろう。

ブルースは、脱出した後バットシグナルを直し、ブレイク(ロビン)に平和を託した。セリーナは「クリーン・ステート」を使って過去を消し、街を出た。ブルースは、ネックレスに付けたGPSを利用してセリーナを見つけ出し、一緒になる。アルフレッドが夢だと語っていたカフェの話を思い出して、フィレンチェのカフェに二人で行った。こんな感じだと思う。

以前のブルースなら死を恐れていなかった。「奈落」で、死の恐怖を認めた事で、最後、自動操縦での脱出に繋がったのではと思います。以前の死を恐れないブルースなら、自分を犠牲にして死んでしまったと思います。

スポンサーリンク

作品

スタッフ・出演

監督 クリストファー・ノーラン

脚本 ジョナサン・ノーラン クリストファー・ノーラン

出演者 クリスチャン・ベール マイケル・ケイン ゲイリー・オールドマン アン・ハサウェイ トム・ハーディ マリオン・コティヤール ジョセフ・ゴードン=レヴィット モーガン・フリーマン

公開 アメリカ合衆国 2012720日 日本 2012728

上映時間  165

製作国 アメリカ合衆国 イギリス

言語 英語

スポンサーリンク

関連

上映中の『ジョーカー』公式サイト

ダークナイト・トリロジー

バットマン映画まとめ (バットマンからダークナイトライジング+クロスオーバー作品)

クリストファー・ノーラン制作作品

モーガン・フリーマン出演

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] 『ダークナイトライジング』 あらすじ・感想・考察 | 祈りログ より: 2019年11月2日 11:44 PM […]

  8. […] ダークナイトライジングクリストファー・ノーラン監督『ダークナイトライジング 』ダークナイト・トリロジーの第三作。完結編。追われる身になったバットマン。ボロボロのブルース […]

タイトルとURLをコピーしました