バットマン・フォーエヴァー (1995年)

バットマン・フォーエヴァーアクション
この記事は約5分で読めます。

バットマン・フォーエヴァー (1995年)

バットマン・フォーエヴァー (1995年)

あらすじ (ネタバレ)

バットマンを憎むトゥーフェイス

悪のトゥーフェイスは、以前バットマンに助けて貰えずに顔を硫酸でただれてしまった事を恨んでいる。バットマンを誘い出すために、人質をとり銀行に立てこもった。バットマンがやって来たが、トゥーフェイスに逃げられてしまった。

精神学博士のチェイスによると、トゥーフェイスは、精神的外傷による多重人格である。

ウェインを恨むニグマ

ウェイン社は電子部品が好調だ。ブルース・ウェインが見回り来た時に、エドワード・ニグマは、頼まれてもいないのに自身の発明品をウェインに見せるが、反対されてしまう。ニグマは、それを恨んだ。

ニグマは会社を辞め、ウェインに謎謎の箱を置いていく。

家族を殺されてしまうリチャード

精神学博士のチェイスとウェインは、サーカスを一緒に観にいく。サーカスは、トゥーフェイスに襲われてしまう。サーカスに仕掛けられた爆弾はサーカス団員リチャードによって外に捨てられるが、リチャードの家族は殺されてしまう。

一人になったリチャードは、ウェインの自宅に住むことになる。

リドラー誕生

ウェインを憎むニグマはトゥーフェイスと手を組み、リドラー(謎の男)と名乗る。ニグマはまた、ウェインに謎謎の箱を置いていく。

ニグマは、ニグマ・テックと言う会社を立ち上げ、ウェインに拒否された発明品を新製品として発表する。これは、家庭のテレビが立体映像として楽しめるとして大人気になる。脳を退化させると批判もある。ただし、ニグマは視聴者の脳波を集めているのである。

ロビン誕生

リチャードは、偶然ウェインの屋敷でバットマンの基地を発見しウェインがバットマンである事を知る。リチャードは、家族の復讐をしたいとウェインに言うが、ウェインは自身の体験から復讐を止める。

ウェインはニグマの新製品発表会に招待される。またしてもトゥーフェイスが現れる。ウェインはバットマンとなり戦うが、策略に嵌り、バットマンは砂利の中に埋まってしまう。それを助けたのは、アルフレッドの作ったコスチュームを身に付けたリチャードだった。

ウェインはカンカンになるが、アルフレッドに説得され、リチャードはロビンと名乗り、バットマンのパートナーとなる。

チェイス、さらわれる

トゥーフェイスとリドラーは、ウェインの屋敷に乗り込み、バットマンの基地も破壊してしまう。ウェインも殺せたはずだが殺さずに、チェイスをさらい、謎謎の箱を残していく。

戦え、バットマンとロビン

バットマンとロビンは、トゥーフェイスとリドラーのアジトに乗り込んでいく。

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

アメコミらしい楽しめる映画

今までのバットマンと違って、バットマンに中心をおいた映画だった。アメコミらしい強いヒーローとヒロイン、おかしな敵。分かりやすい展開で、多くの人が楽しめる作品だ思います。

豪華メンバー

バットマン役に、トップガンのヴァル・キルマー。ヒロイン役にニコール・キッドマン。敵役にトミーリー・ジョーンズとジム・キャリー。の豪華キャスト。前作までのティム・バートンは制作に。「フォーエヴァー」とは永久保存版の意味か思うほどのメンバーです。

ジム・キャリーは最高

ジム・キャリーが好きなので、ずっとジム・キャリーの演技に注目してました。ジム・キャリーらしい顔芸にコミカルな動き、そして頭のおかしいアホな役柄。面白かったです。彼の演技には最初から目が離せませんでした。

映画のタイトルを「ジム・キャリーのリゾラーはナゾラー」なんて変えても信じるかも。

ロマンチックなキス

チェイスがバットマンに会いたいがために、バットマンシグナルを使って、バットマンを呼び出すのが、恋する女性らしいと思いました。

チェイスが、ウェインとキスをしてバットマンと気づくのは、ロマンチックですね。こんなロマンチックなシーンがあるので、この映画は人気なんだと思います。

復讐なんて・・・

ウェインがリチャードの復讐を止めようとして言った言葉。

殺しても憎しみは増すばかりだ。そして、敵を探し求める。一人また一人。復讐だけが生きがいと気付き、ある日愕然とする。

バットマンの苦悩が見えたセリフ。人を憎んで人に復讐したくなる気持ちは良く分かる。でも、それでは、復讐のためだけの人生になる。心は憎しみで一杯だろう。それは苦しいだろう。外にいる鬼よりも、心の中の鬼ほど恐ろしいものはない。いつか心の中の鬼は自分自身を鬼に変えてしまう

人を憎んで何年も何年も復讐をしようとする人がいるが、実に観にくいと思う。鏡を見るがいい

光を見つける

バットマンが出した謎謎。

闇の中でも、ハッキリと光を感じる。僕は誰?

答えはコウモリ。ウェインの両親が死んで古い井戸に落ちた時に見たコウモリ。多分、ウェインは一人きりになって心の中が真っ暗になっただろう。でもコウモリのように光(希望)を見つけて生きていこうと思ったのではないでしょうか。日本でもフクロウは縁起物ですが、フクロウも暗闇でも目が見える。僕達もコウモリやフクロウのように、どんなに辛い闇の中に落ち込んだとしても、希望を見つけて生きれればいいと思います。

作品

スタッフ・出演

監督 ジョエル・シュマッカー

製作 ティム・バートン

出演者 ヴァル・キルマー トミー・リー・ジョーンズ ニコール・キッドマン ジム・キャリー

音楽 エリオット・ゴールデンサール

公開 アメリカ合衆国 199569日 日本 1995617

上映時間  122

製作国 アメリカ合衆国

言語 英語

 

関連

上映中の『ジョーカー』公式サイト

バットマン映画まとめ (バットマンからダークナイトライジング+クロスオーバー作品)

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] バットマン・フォーエヴァー – 祈りログ より: 2019年10月26日 5:01 AM […]

  7. […] バットマン・フォーエヴァー『バットマン・フォーエヴァー』を観ました。バットマンのパートナー「ロビン」の誕生。敵はトゥーフィエスとリムラー。出演は、ヴァル・キルマー、ト […]

  8. […] バットマン・フォーエヴァー『バットマン・フォーエヴァー』を観ました。バットマンのパートナー「ロビン」の誕生。敵はトゥーフィエスとリムラー。出演は、ヴァル・キルマー、ト […]

タイトルとURLをコピーしました