スポンサーリンク

リミットレス (2011年)

ドラマ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

リミットレス (2011年)

スポンサーリンク

リミットレス (2011年)

あらすじ (ネタバレ)

脳の通常20パーセントしか使っていない。NZT48を使えば100パーセント使うことが出来る。その薬を使い、主人公はどん底から財界のトップにおどり出る。

 

主人公エディは小説を書いているが、上手く書けずに人生のどん底にいる。

そんな時に元妻の弟に出会う。弟は、NZT48をエディに手渡す。脳の力を100パーセント引き出す薬だ。

エディがNZT48を飲むと頭が冴え渡り覚醒して、小説を一晩で書き上げてしまう。それだけでなく、エディは様々な所で力を示す。

エディは、ウォール街の大物カールに声を掛けられ、ビジネス界で大活躍する。エディはハイスピードで出世し、富と権力を得たのだ。

所が、その薬には、恐ろしい副作用があったのだ。

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

薬の力で主人公が超人のように活躍する様子は気分が良かった。財界での活躍が格好いい。自分もそうなれたらいいと思った。もし、この薬が手に入るのなら、僕も飲むだろう。後半に入って、主人公が襲われるアクションシーンがある。ドキドキしながら見た。飽きさせないストーリーだと思う。

映画の冒頭のシーンで、上手く映画の世界に引き込まれ、全体的にストーリーが分かり易く、面白かった。

ウォール街の大物カールがロバートデニーロなのだが、やはり渋かった。

作品

スタッフ

ジャンル アクション、SF、サスペンス

監督 ニール・バーガー

主演 ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロ、アビー・コーニッシュ

公開 2011年

 

関連

脳の覚醒をテーマにした映画

ロバート・デニーロ出演映画

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました