ターミネーター (1984年)

アクション

ターミネーター

【Amazon.co.jp限定】ターミネーター<日本語吹替完全版> スチールブック 2019ver. [Blu-ray]

ターミネーター

あらすじ (ネタバレ)

ざっくり、あらすじ

近未来2029年、核戦争後、機械は人類を滅亡させようとしていました。

1984年、ジョン・コナーの誕生を阻止しようと、殺人マシン・ターミネーターがタイムスリップして送り込まれます。一方、ジョンの母サラを守る為に送り込まれたのが、カイル・リースでした。

ターミネーターは、サラ・コナーと同姓同名の女性を次々殺します。サラは、警察に保護されますが、その警察も全滅されました。

サラカイルと一緒に逃げます。ターミネーターは、ライフルや爆薬を受けても追って来ます。爆発で骨組みだけになっても追ってくるのです。サラカイルターミネーターと戦います。

詳しく、あらすじ

未来から来た二人

2029年、核戦争後、機械は人類を滅ぼす為に戦っていました。そして、人類は、抵抗を続けていたました。

1984年ロサンゼルス。

ターミネーターが降り立ちました。ターミネーターは裸でした。人を殺し衣服を奪いました。銃砲店で人を殺しライフルを奪いました。

別な金髪の男が降り立ちました。彼も裸でした。店から衣服を盗みパトカーからライフルを盗みました。

ターミネーター、「サラ・コナー」を次々殺す

サラ・コナーは、レストランでウェイトレスの仕事をしていました。あまり上手くいっていないようです。

ターミネーターは、電話帳で「サラ・コナー」を順に殺して行きます。この事件はニュースで話題になりました。ウェイトレスのサラは怯えます。

警察もこの事件を追っていました。警部補のトラクスラーは、部下にサラに電話するように言いましたが、サラは不在でした。

ターミネーター、サラを襲う

ターミネーターは、サラの家に扉を破って入って行きます。サラは不在でしたが、その代わり、中にいたサラの友達を殺しました。

帰り道、誰かがサラ・コナーをつけていました。サラはダンスクラブに逃げ込みます。ターミネーターが現れサラを襲おうとしました。金髪の男がライフルをターミネーターに撃ち、サラは助かりました。金髪の男サラは車で逃げます。二人は、駐車場に隠れました。

未来の世界

金髪の男の名前は、カイル・リースです。カイルサラに話をします。カイルは妙な事を言うんです。サラを襲ったのはサイボーグで殺人機械(ターミネーター)だ。40年先の未来から送られてきたと。

カイルは、サラに説明します。数年後機械が核戦争を始めます。防衛ネットワークコンピュータ(スカイネット)が人類を敵だと考えたんです。サラの息子ジョンが機械共を破壊し、人類を滅亡から救ったのでした。

ターミネーター、警察署を襲う

警察は、二人の身柄を確保しました。警察署で、カイルを取り調べます。カイルが未来からやって来たなどと妙な事を言うので、警察は彼を気狂いだと思いました。

ターミネーターは、警察にもやって来ました。彼は、警察を皆殺しにしました。サラカイルは逃げました。

愛し合う二人

二人はモーテルに逃げ込みました。食糧を買った後、話をしました。カイルは未来の世界でサラの事を知り、ずっとサラを愛していたのでした。二人は愛し合います。

ターミネーターが追いかけて来る

ターミネーターはモーテルにも現れました。二人は車で逃げます。ターミネーターはバイクで追いかけます。車をぶつけてバイクを転倒させますが、ターミネーターはタンクローリーを奪って、また追いかけて来ます。カイルは、タンクローリーに爆薬を投げこんっで、爆発させました。ターミネーターは炎に包まれました。二人は安堵しました。

最後の戦い

炎の中から骨組みだけになったターミネーターが現れました。もう人間の姿はしていませんが、二人を追いかけて来ます。

二人は工場に逃げ込みました。鉄の扉を破ってターミネーターは入って来ます。カイルターミネーターの体に爆薬を突っ込んで爆発させました。ターミネーターは吹き飛びました。しかし、カイルも死んでしまったのです。

ターミネーターの最後

下半身を失い、上半身だけになったターミネーターが追いかけて来ます。サラは怪我をして上手く逃げれません。四つん這いで逃げます。

ターミネーターの手がサラを掴みました。その時サラは手を伸ばして、機械のスイッチを押しました。ターミネーターはプレス機に潰されました。サラは助かりました。

未来の息子ジョンへ

サラは、車で荒野を走っています。テープにサラは声を吹き込みます。お腹にいる息子ジョンに父親の話をしていました。

「ほんの短い間だったけど、一生分愛し合った」

小さな子供がサラの写真に撮り売り付けます。その写真は、カイルがずっと大切に持っていた写真と同じ物でした。

 

感想・考察 (ネタバレ)

シンプルだが引き込まれる

未来から現在にターミネーターが送られれて襲ってくる実にシンプルなストーリーです。映像技術も今も比べるとチャチイです。でも、映画の初めから、映画の世界に入り込んでしまいます。最初の30分、あまり会話がなく、映像と効果音だけで、引き込まれていくのです。見事だと思います。

最後のシーン

そして、最後のシーンでカイルがジョンの父親だと分かります。写真が上手い効果を与えています。サラが荒野を車を走る姿が、サラが未来世界に向かっているのを表しているのでしょう。

特殊メイク

当時はCGはあまりなく、ほとんどが特殊技術と特殊メイクでしたが、それが逆に重さを感じます。CGだと軽い感じがするのですね。ターミネーターが骨組みだけで動くシーンなんかは、映画作成のスタッフの努力が感じらますね。身離せないシーンです。

 

スタッフ・出演

監督 ジェームズ・キャメロン

脚本 ジェームズ・キャメロン ゲイル・アン・ハード

出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー マイケル・ビーン リンダ・ハミルトン

配給 アメリカ合衆国オライオン・ピクチャーズ 日本ワーナー・ブラザース

公開 アメリカ合衆国 19841026日 日本 1985525

上映時間 108

製作国 アメリカ合衆国

言語 英語

 

関連

上映中 『ターミネーター・ニューフェイト』公式サイト

ターミネーター2

シュワルツネッカー出演作品

 

 

コメント

  1. […] ターミネーター (1984年)シュワルツネッカー主演『ターミネーター』を観ました。inorilog.com2019.11.21 […]

  2. […] ターミネーター (1984年)シュワルツェネッガー主演『ターミネーター』を観ました。35年も前の作品なのですね。最初から映画の世界に引き込まれて行きます。古いので映像技術は低 […]

  3. […] ターミネーター (1984年)シュワルツェネッガー主演『ターミネーター』… […]

タイトルとURLをコピーしました