アイ・アム・レジェンド(別エンディング版)

アイ・アム・レジェンド◎映画
この記事は約3分で読めます。

アイ・アム・レジェンド(別エンディング版)(2007年)

アイ・アム・レジェンド(別エンディング版)(2007年)

あらすじ (ネタバレなし)

ざっくりと

2012年、ニューヨークで、癌治療薬が原因で、致死率の高い感染症が広がった。感染者は狂犬病と似た症状があり、凶暴になって人を襲い食べる。

軍の研究医ロバート・ネビル博士(ウィルスミス)はニューヨークに残り、治療薬の研究を続ける。

3年後、ニューヨークの殆どの人は死に、ネビルと愛犬サムだけになった。

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

ダーク・シーカーが怖い

映画は、誰も生き残っていない街を確認するように話は進んでいく。突然襲いかかるダーク・シーカー。見せ方が上手く、怖い。

思い出すのが、ゲーム「バイオハザード」。こちらと設定が似ている。このゲームも怖かった。

愛犬のサムの死

愛犬のサムがダーク・シーカーに襲われ死んでしまう。このシーンが悲しい。ネビルの悲しそうな顔が涙を誘う。

ビデオショップにいるマネキンに「こんにちは」と話し掛けるが返事がない。「俺にも行ってくれよ」と叫ぶ姿が辛い。ウィルスミスは、演技が上手いと思います。

スポンサーリンク

君は独りではない

AM放送のシーンは2回ある。1回目ネビルがAM放送で言った

誰かこの放送を聞いていたら、応えて欲しい。君は独りではない

の「独りではない」は、ネビルが自分は「独りではない」と信じ、自分自身に話し掛けているのではないでしょうか。。映画では、生存者が誰もいないと言うの強調するように話が進められていました。誰もいないと確認する毎にネビルは自分が一人であることを確認する事になります。ネビルは自分が一人しか生存していないので寂しかったのではないでしょうか。

2回目、アナがAM放送で

君は独りではない。希望はある。聴き続けて欲しい。君は独りではない。」

の「独りではない」は、本当に独りではありませんでした。ネビル、アナ、イーサンがいます。

また、この言葉は映画を観ている人みんなに話し掛けていると思います。映画を観ている人は、一人きりの人もいるはずです。寂しく苦しんでいる人もいるでしょう。そう言う人に話し掛けているんだと思います。あなたは一人ではない。希望を持って生きて欲しいと。

作品

スタッフ・出演

監督 フランシス・ローレンス

原作 リチャード・マシスン『地球最後の男』

出演者 ウィル・スミス サリー・リチャードソン アリシー・ブラガ ダッシュ・ミホク チャーリー・ターハーン

音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード

公開 アメリカ合衆国 日本 20071214

上映時間 100

製作国 アメリカ合衆国

言語 英語

(引用:ウィキペディア)

スポンサーリンク

関連

上映中のウィル・スミス作品『ジェミニマン

ウィル・スミス出演映画

 

 

コメント

  1. […] アイ・アム・レジェンド(別エンディング版)ウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』の別エンディング版です。感染病により人類が殆ど絶滅したニューヨーク。地上で最後の […]

  2. […] アイ・アム・レジェンド(別エンディング版)ウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』の別エンディング版です。感染病により人類が殆ど絶滅したニューヨーク。地上で最後の […]

タイトルとURLをコピーしました