A.I. Artificial Intelligence (2001年)

A.I. Artificial Intelligenceドラマ
この記事は約5分で読めます。

A.I. Artificial Intelligence (2001年)

あらすじ

「永遠の愛」

地球の温暖化が進んで、一部の都市が海に沈んだ。飢餓が深刻化し、人間の妊娠に許可が必要となった。世界の人口は減少し、労働を確保するために、ロボットを活用した。AIを使った高性能なロボットが作られ、「永遠の愛」を持ったAIが開発された。

デイビッド

不治の病の息子を持つ夫婦ヘンリーモニカの元に、愛情を持った子供型のAIロボットデイビットが与えられた。デイビットは、永遠に夫婦を愛し続けるように作れれている。もしも、夫婦がデイビットを要らなくなった時は、デイビットは処分されてしまう。

初めは嫌がっていた妻モニカもデイビッドと少しずつ仲良くなっていった。

デイビッドには、クマのおもちゃのテディが友達になった。

逆に、夫ヘンリーはデイビッドの事を気味悪く思うのだ。

愛の奪い合い

デイビットと夫婦が仲良く暮らしているある日に、奇跡的に夫婦の息子マーティンの不治の病が治り、家に戻ってきた。

デイビットとマーティンの愛の奪い合いが始まるのだ。

帰っってきた息子マーティンは、デイビットを虐める。ママの髪を1束持っていれば、ママに愛されると騙して、ママの髪を切りに行かせて、ママに怪我をさせてしまう。更に、プールで遊んでいたデイビットは、マーティンの友達にさされかけて、驚いた拍子でマーティンをプールに落としてしまう。

夫婦は、デイビットと別れる事を決める。デイビットは、ママに連れられて、森に捨てられてしまう

ブルー・フェアリー

デイビットは、人間になればママに愛されると信じ、ピノキオの話を思い出して、青い妖精ブルー・フェアリーを探し続ける。

ロボット狩りをしているジャンクフェアにデイビットとテディは捕まってしまう。破壊されそうになるが、運よくデイビットとセックスロボットのジョーは逃げることが出来た。

人間になればママに愛されると信じるデイビット。ブルー・フェアリーに人間にして貰おうと思っている事をジョーに話す。すると、ジョーはドクター・ノーなら何でも知っていると、ドクター・ノーを紹介する。

地の果て

ドクター・ノーは、ブルー・フェアリーは、「地の果て」にいると言う。デイビット、ジョー、テディは、「地の果て」マンハッタンに向かう。

マンハッタンはその殆どが海に沈んでいた。マンハッタンに着くと、ロボットの開発者ホビー教授が待っていた。ホビー教授は、自分がデイビッドを作り、ブルー・フェアリーとは自分の事だという。落ち込むデイビッド。デイビッドは海に落ちてしまう。

海に沈んでいくと、ブルー・フェアリーをデイビッドは見つける。ブルー・フェアリーの像だ。デイビッドは、そのブルー・フェアリーに、人間にして下さい、と祈る。ブルー・フェアリーは微笑みを見せるだけ。それでもデイビッドは祈り続ける。ブルー・フェアリーを照らす灯りが消えてもデイビッドは祈り続けた。そして時が過ぎデイビッドも動かなくなった。

ママ

地球に氷河期が訪れ、海が凍り、2000年の時間が流れた。その2000年の間に人間は絶滅していたのだ。

宇宙人が訪れて、デイビッドに触れるとデイビッドは蘇った。

デイビッドはブルー・フェアリーに人間になりたい、ママに会いたいとお願いする。

死んでしまったママは再生することが出来るが、ただ、1日しか生きられない。

ママとデイビッドは、一緒に遊んだり、話をしたり、幸せな1日を過ごした。

やがて、ママは永遠の眠りにつき、デイビッドは初めて「夢の生まれる場所」に旅立った。

 

感想・考察

行き過ぎた科学の発達

先日見た「エクス・マキナ」がAIだったので、昔観たスピルバーグ監督のAIをもう一度観た。感動した記憶があります。

舞台は、温暖化が進み都市が海に沈み、妊娠出産までコントロールした世界。とんでもない舞台にロボットが活躍する。妊娠出産までコントロールしようとするなんて、と思うが人間ならやりそうな気がする。それだけに怖い。

永遠の愛と1日だけの愛

主人公デイビッドがママの愛が欲しいだけのために、ピノキオの話を信じてブルー・フェアリーを探す。見ていて、そんなの信じていいの?と不安になった。一途にママを愛しブルー・フェアリーを信じるデイビッドを見ていて、この不安は最後まで続いた

ずっとママの愛を求めていたデイビッドに、最後に与えられたのは、ママとの一日。たった一日。えって感じだった。あんなにママを愛して探して危険を乗り越えて、たった一日なんて残酷じゃないかって思いました。

でも、その一日が、普通のママと子供の会話、遊びなのに、二人は本当に幸せそうだった。忘れられないくらいに。

夢の生まれる場所

最後に、デイビッドは初めて「夢の生まれる場所」に旅立った。恐らく、ママが永遠の眠りに着くのに合わせて、機能停止させたのだろう。だけど、最後に願いが叶って人間になったのだと信じたい。最後に、人間としてママの子になれた。本当にママの子になれたのだと信じたい。

作品

スタッフ・出演

監督 スティーヴン・スピルバーグ

原案 スタンリー・キューブリック(クレジット無し)

原作 ブライアン・オールディス 『スーパートイズ』

出演者 ハーレイ・ジョエル・オスメント ジュード・ロウ フランセス・オコナー

公開  アメリカ合衆国 2001629日 日本 2001630

上映時間  146

製作国 アメリカ合衆国

関連

AI映画

AI映画まとめ

スピルバーグ総指揮

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年)

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年)
映画界のレジェンド「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作の一作目。 マーティがピックでギターを弾くとスピーカーが爆発し、吹っ飛ぶ。 このシーンからワクワクが止まりませんでした。 何度観ても飽きません。 あらすじ・感想・考察。ネタバレ

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年)

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年)
伝説の三部作の2作目。ワクワクが止まらない。 問題を起こした息子の為にマーティは未来に向かう。 問題は解決されたが、戻ると街は荒れている。マーティの家族も崩壊していた。 狂った現在を元に戻す為に、マーティとドクは30年前に戻る あらすじ・感想・考察。ネタバレ。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(1990年)

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(1990年)
伝説の三部作の完結編。 マーティとドクの名コンビは健在です。 舞台は1885年、西部開拓時代です。つまり西部劇。 恋するドク。決闘を申し込まれたマーティ。 ドキドキする展開が待っていました。 最後までワクワク感が続きます。 あらすじ・感想・考察。ネタバレ

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] A.I. Artificial Intelligenceスピルバーグ監督の「A.I.」ママの愛を手に入れる為にA.I.ロボットのデイビッドは、青い妖精探しの旅に出る。感動のラストに涙が出ました。最後までしっかり観て […]

タイトルとURLをコピーしました