スポンサーリンク

アナと雪の女王2(2019年)

ディズニー
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

アナと雪の女王2(2019年)

「アナと雪の女王2」吹替版 予告
スポンサーリンク

アナと雪の女王2(2019年)

あらすじ (ネタバレ)

ざっくり、あらすじ

昔、精霊の住む魔法の森のノーサルドラとアレンデールに争いが起き、魔法の森は霧に閉ざされました。
女王になったエルサのいるアレンデールの街に嵐が起こり、水と火が消え、地が揺れました。精霊たちが怒っているのです。エルサ、アナ達は、魔法の森に向かいます。
魔法の森で遭難した両親の船を見つけるのでした。船の中でメモを見つけ、エルサに力が与えられた理由を知るために、両親が記憶を持つ川ノースハランに旅に出たと知るのでした。
エルサは、真実を知るためにノースハランに一人向かいます。
ノースハランが持つ記憶から、祖父が、ノーサルドラの魔法を恐れ襲ったのだと知りました。
一方、アナはダムのせいで精霊が怒っていると分かりダムを破壊します
精霊の怒りは鎮まりました。
ノーサルドラとアレンデールに平和が訪れました。

スポンサーリンク

詳しく、あらすじ

ノーサルドラとアレンデールの争い

昔、エルサとアナが幼い頃、父のアグナルが昔話をしてくれました。
精霊の住む魔法の森の民ノーサルドラとアレンデールの友好の印に祖父がダムを作ったのです。そのお祝いの式典の最中に問題が起こりました。アレンデールの兵隊がノーサルドラの民を襲ったのです。
アレンデールとノーサルドラは争い、父は頭を打って倒れました。父は誰かに助けられました。誰に助けられたか、今も分かりません。
魔法の森は、霧に包まれ閉ざされてしまいました
もう誰も魔法の森に入る事は出来ません。

アレンデールの街に、精霊が襲ってくる

女王になったエルサが寝ていると、「Ah Ah–」と不思議な声が聞こえます。外に出ると、嵐が起こり、街の水と火が消え、大地が揺れ始めました。
アレンデールの民は丘に逃げます。
ドトールが現れました。首長パピーは、「精霊達が怒っている。過ちを正し、真実を見つけなければいけない」と言います。
エルサ、アナ、クリストフ、雪だるまのオラフは魔法の森に向かいました。

魔法の森

魔法の森は霧に包まれていました。
エルサ達は入って行きます。
風の精霊ゲイルに襲われますが、魔法の力で守る事が出来ました。そう、エルサは魔法を操る事が出来るのです。
不思議な水の像が現れました。
水は過去を記憶しているのです。
父を誰かが助けている像がありました。兵隊の像もあります。
父を助けたのは、実は母でした

ノーサルドラの民

森の中では、ノーサルドラとアレンデールが、今もまだ争っていました。
その時、火の精霊が襲って来ました。エルサは魔法で戦います。火の精霊を追い詰めました。それは、蜥蜴のような小さな精霊ブルーニでした。エルザの掌に乗りました。懐いたようです。
エルザは、アナにスカーフを掛けてあげます。それは、ノーサルドラの由緒ある名家の家紋が刺繍されていました。
ノーサルドラの民は、エルサの魔法と家紋に驚きます。
スカーフは母からもらった物です。母はノーサルドラの民だったのです。
エルサは、魔法の森を自由にすると約束しました。
そうして、ノーサルドラとアレンデールの争いは納まりました。
ノースハランの民は、火、土、水、風の他に第五の精霊がある事を教えてくれました。

両親の船

エルザとアナはアートハランに向かいました。
枯れた森の中で、遭難した両親の船を見つけます。
流れ着いたようです。
船の中に入ると、メモを見つけました。両親は何故エルザだけ力を持っているのか知るためにアートハランに旅に出たのでした。
アートハランの地図も見つけました。

エルザの決意

エルザは、真実を知る為に、自分だけ力を与えられた理由を知る為にアートハランに行く事を決意します
アートハランに行くには、ダークシーを渡らなければいけません。
エルザは、アナとオラフを氷のソリに乗せ森に返しました。
エルザは、ダークシーを凍らせながら渡り始めました。するとダークシーの中から水の馬が現れました。水の精霊のノックです。エルザはノックに跨がり、ダークシーを駆けて行きました

アートハラン

あの声が聞こえます。
「まるで我が家ね」
と心地良く思うのでした。
エルザは、アートハランの洞窟の中を進んで行きました。
声のする方に歩いて行きました。
水で出来たエルザの母の姿がありました。
声の主は、エルザの母でした
正確に言うなら、エルザの母の記憶です。水はエルザの母を記憶していたのです。

水の記憶、争いの真実

水は、色々な記憶を持っていました。
祖父がいました。
ノーサルドラの首長を騙し討ちして殺そうとしています。
祖父はノーサルドラの魔法を脅威に思っていました。ダムの式典は決して友好の為の物では無かったのです。
これがノーサルドラとアレンデールの争いの真実でした。
魔法の力でアナにも知らせました。
そして、エルザは凍りついてしまいました。

精霊の呪い

ダムは平和の贈り物では無かった、精霊達が怒っているのがダムのせいだと知りました。
エルザが弱り、オラフが解けて始めました。アナは、オラフを抱きしめました。オラフは解けて消えてしまいました。そして、アナは一人になりました。
生まれて初めての孤独でした。
アナは地の精霊アースジャイアントをおびき寄せてダムを破壊する事に成功します
精霊の怒りが解けてエルザの氷も解けました。
洪水がアレンデールの街を襲いますが、エルザが水の精霊ノックに乗って駆けつけ、魔法の力で氷の壁を作り守りました。
精霊の呪いが解け、アレンデールの街に火や水が戻り、魔法の森に青い空が戻りました
アレンデールの人々、ノーサルドラの人々が喜んでいます。

エルザとアナ

エルザが水の精霊ノックに乗ってやって来ました。エルザが第五の精霊だったのです。
エルザは「一つだけやりたい事があるの」
雪だるまを作りました。
「水には記憶がある」
オラフが蘇りました。
クリストフは、アナにプロポーズをします。
「知り合った人で一番素晴らしい。結婚してくれないか。」
アナは、アレンデールの新しい国王になりました
「ジェスチャーゲームをしたい」と手紙を風の精霊ゲールにエルザまで運んで貰いました。
魔法の森で、エルザは手紙を受け取りました。
エルザは、ノーサルドラの首長になっていました
エルザは、水の精霊ノックに跨がり海を駆けて行きます

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

ディズニーらしい誰もが楽しめる映画

ディズニーらしい美しい映像と音楽でした。これだけでも観た甲斐があると思います。物語も最後まで飽きさせる事はありません。2時間があっと言う間に過ぎて行きました
誰もが楽しめる映画だと思います。

水には記憶がある

今回のテーマの一つは、「水には記憶がある」です。
エルザの祖父が悪事を働きます。それで大きな争いが起き沢山の人々が苦しみます。決してバレないと思ったのでしょう。
でも、水は記憶しているのです。
悪事はいつかバレるものです
そして、その罪を子供、孫が被ることもあるのです。
エルサとアナにとって苦しい事だったでしょう。

変わらないもの

今回のテーマのもう一つは「変わらないもの」です。
オラフが、アナに抱きしめながら消えていく時に、
ねえアナ、変わらないものを1つだけ見つけたよ。愛だ!
と言います。
いい事を言いますね。
エルザとアナの愛は、ずっと変わりませんでした。
前回は「真実の愛」今回は「変わらぬ愛」ですね。
愛は、永遠に変わらないと信じなければいけません

何故、エルザに力が与えられたのか。

メインテーマでありながら、作品でもハッキリと言っていないようです。
エルザの祖父がアレンデールとノーサルドラを争いを起こしました。以上も争ったままでした。そこで、二つの民の両方の血を引くエルザが誕生するのです。
魔法の力を持つエルザは、二つの民の架け橋になる役割を担っているわけです。
つまり、争い続けて来た二つの民の平和の為です。

また観たいです

テーマは二つあげましたが、映画はもっと楽しく観れるものでした。よかったです。
ビデオで出たら、また観たいです。

スポンサーリンク

作品

スポンサーリンク

スタッフ・出演

監督 クリス・バック ジェニファー・リー
脚本 ジェニファー・リー
出演者 イディナ・メンゼル クリスティン・ベル ジョナサン・グロフ ジョシュ・ギャッド
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国 日本 2019年11月22日
上映時間 103分
製作国  アメリカ合衆国
言語 英語

合わせて読みたい

アナと雪の女王 (2014年)

コメント

タイトルとURLをコピーしました