インクレディブル・ハルク(2008年)

MCU
この記事は約5分で読めます。

インクレディブル・ハルク(2008年)

8/1公開:『インクレディブル・ハルク』予告編

MCUシリーズ二作目。

多量のガンマ放射線を浴びて化物ハルクとなったバナーが、軍に追われます。
差し向けられたスーパーソルジャーとの戦い。

シリアスなストーリーが展開されますが、化物同士の戦いが迫力がありました。

ざっくり

軍の実験でガンマ放射線を浴びたバナーは、化物ハルクに変貌する。彼は怒りで心拍数が上がると化物に変貌してしまうのだ。
化物ハルクになった彼は研究室で暴れる。
その彼に軍は最強の兵士ブロンスキーを差し向けるのだ。
しかし、ハルクには敵わない。ブロンスキーは血清を投与され、スーパーソルジャーとなり再びハルクを襲う。
二人の戦いは始まった。

スポンサーリンク

あらすじ(ネタバレ)


ブルース・バナーは軍の実験でガンマ放射線を浴びて、化物ハルクに変貌してしまった。

彼はブラジルに渡り、孤独な生活を送る。平常は普通の人間として生活出来るが、怒りで心拍数が上がると化物ハルクに変貌してしまうのだ。
バナーは変身しないように柔術と呼吸法を覚える。

アメリカ軍のロス将軍はバナーを探していた。ブラジルにいると分かり、最強の兵士ブロンスキーを送り込む。
バナーのアパートを襲撃するが、彼はバナーが化物だと知らない。
追い詰められたバナーは超人ハルクに変貌し逃げていく。

アメリカ陸軍は兵士の肉体を強化する為の研究をしていた。
その成果が超人ハルクなのだ。
もう一度戦いたいというブロンスキーに、ロス将軍は血清を投与し、”スーパーソルジャー”となった。

バナーは元の人間に戻る為、研究仲間で元恋人のベティを尋ねる。
彼女は実はロス将軍の娘なのだ。
再び血清を投与されたブロンスキーを差し向ける。

超音波を発生する兵器を使ってハルクを追い込み、ブロンスキーはハルクと戦いを挑むがあえなく粉砕してしまった。
文字通りブロンスキーの体は粉々になるが。
彼は超人的な回復をする。

バナーとベティは、以前から連絡を取っていたスターンズ博士を尋ねる。
彼は、バナーの血液から元の人間に戻る方法を開発していたのだ。
バナーは治療を受け、彼の血液は元に戻った。
所がその時、軍隊に襲われ、バナーは陸軍に捕まってしまう。

スターンズ博士の研究を知ったブロンスキーは、自分をハルクと同じように変えろと迫る。
スターンズ博士は脅され、ブロンスキーにバナーの血液を投与し、ブロンスキーは化物アボミネーションに変わってしまう。
化物となったブロンスキーは街を襲う。

ヘリに捕まっていたバナーは戦うことを決心する。
ヘリから飛び降りるバナー。しかし、超人ハルクに変わるかどうかは分からない。
バナーは地面に激突する。
大きな穴があき、中から超人ハルクの姿。

超人となったバナーとブロンスキーは戦う。
パワーとパワーの戦い。
バナーは劣勢だったが、ブロンスキーの首を鎖で締め上げる。
意識を失ったブロンスキーに止めを刺そうとした時に、ベティーは止めるのだ。

バナーは、空からのサーチライトを浴びながら街から去っていった。
その後ろ姿が悲しい。
また一人孤独に時を過ごすのです。

スポンサーリンク

感想・考察

悲しく運命のハルク

実験の失敗から化物に変わってしまい、軍に追われる。
決してバナーが悪い訳ではないのです。誰がどう考えても軍が悪いのです。化物に変わったのも軍が悪いのですが、執拗までに彼を追い込んで行く。
酷い話だと思います。

ブロンスキーとの戦いに勝った彼には、居場所が無く街から去っていきます。
その姿が悲しいです。
僕は、バットマン「ダークナイト」で罪を背負って去っていくバットマンを思い出しました。

ハルクとアボミネーションの戦いは爽快

化物と化物のパワーとパワーの戦い。
街を破壊しながらの二人の戦いは迫力があり、見ていて爽快です。
最後までどちらが勝つか分かりません。

ブラジルの道場で呼吸術を教えているのは誰?

昔、総合格闘技で活躍したヒクソン・グレーシーです。
ブラジルアン柔術の一派グレーシー柔術は、世界最強の柔術と言われています。
ヒクソンは、プロの総合格闘家として高田延彦や船木誠勝ら強敵を撃ち倒しました。
知っている人は、きっと興奮しながら見ていると思います。

エンドロール後にトニーが現れる

エンドロールが終わってから、バーで飲んでいるロス将軍の元に一人の男が現れます。それは、あのトニー・スターク(アイアンマン)です。
「訳あって”スーパーソルジャー・プログラム”は凍結された。生身より”銃”の方が信頼できる」
とロス将軍に語り掛けます。
トニーらしい少し嫌味でかっこいいセリフです。
そして、「我々はチームを編成中だ」と伝えるのです。

これからの活躍を予感させます。ワクワクして来ますね。

ハルクを追い込んだ、超音波を発生する兵器

スーパーソルジャーとなったブロンスキーをアシストして、ハルクを追い込んだ超音波を発生する装置は、実はスターク社製だという事が明らかにされています。

スポンサーリンク

作品

スタッフ・キャスト

監督 ルイ・レテリエ
脚本 ザック・ペン エドワード・ノートン(クレジット無し)
原案 ザック・ペン
原作 ジャック・カービー スタン・リー 『ハルク』
製作 アヴィ・アラッド ゲイル・アン・ハード ケヴィン・ファイギ
製作総指揮 スタン・リー デヴィッド・メイゼル ジム・ヴァン・ウィック
出演者 エドワード・ノートン リヴ・タイラー ティム・ロス ティム・ブレイク・ネルソン タイ・バーレル ウィリアム・ハート
音楽 クレイグ・アームストロング
製作会社 マーベル・スタジオ
配給 アメリカ合衆国 ユニバーサル・スタジオ 日本 ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国 2008年6月13日 日本 2008年8月1日
上映時間 135分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語 ポルトガル語

スポンサーリンク

合わせて読みたい

MCUシリーズ

MCU アクション 映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sarahをフォローする
スポンサーリンク
祈りログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました