スポンサーリンク

アラジン/ジャファーの逆襲(1994年)

ディズニー
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

アラジン/ジャファーの逆襲(1994年)

スポンサーリンク

あらすじ (ネタバレ)

ざっくり、あらすじ

ジャファーと一緒にランプに吸い込まれたオウムのイアーゴは、何とかランプから抜け出し偶然アラジンを助けます。
人の良いアラジンは、命の恩人としてイアーゴを国王に紹介します。嫌われていたイアーゴ。みんなの優しさに感動します。

一方、ランプの精となったジャファーは宮殿に行きイアーゴを脅して国王をさらいます。そして、アラジンに国王殺しの罪を被せます。酷い奴です。

処刑台に乗るアラジン。
魔人ジーニーは、何とかアラジンを助ける事ができました。
そして、アラジン、ジャスミン、ジーニー、イアーゴが力を合わせてジャファーと戦います。

詳しく、あらすじ

砂漠の洞窟の中、盗賊アビル・マルとその仲間が盗んだ財宝を分けようとした時、魔法の絨毯に乗ったアラジンが現れます。
アラジンは盗賊の財宝を奪い、アグラバーの貧しい人々に与えました

アラジンと王女ジャスミンとは幸せな日々を送っているのです。

砂漠の中、黒いランプの中からオウムのイアーゴが何とかランプの中から出る事が出来ました。イアーゴは、ジャファーと一緒にランプの中に閉じ込められたんです。
イアーゴは、アラジンを騙して味方に付けようと考え、アグラバーにいるアラジンに会いに行きます。

イアーゴとアラジンが話している時、盗賊アビル・マル達が襲って来ました。盗賊は財宝を奪われた事を恨んでいるのです。
盗賊と戦うアラジンとイアーゴ。危険な所でしたが、イアーゴのおかげで盗賊を追い払う事が出来ました

「命の恩人だ。王に会わせてあげよう」
アラジンは、命の恩人としてイアーゴを王に紹介するつもりです。しかし、イアーゴはジャファーの手下なので王様達にとても嫌われています。

ジャスミンがやって来ました。(イアーゴをカゴに隠します。)
ジャスミンがアラジンをディナーに誘いました。王様がアラジンに大切な話があるのです。

その時、池の中から魔人ジーニーが現れました。
世界中を旅していたのです。お見上げを沢山渡します。
世界にはない。素晴らしい物がアグラバーにはある。君たちだ
ジーニーはアラジン達に会いたくて戻って来たのです
「どうだいジーニー。自由になった気分は?」
「最高!自由になったけど魔法はまだ使える」
アラジンとジャスミンはジーニーをディナーに誘いました。

砂漠で、アビル・マルが井戸から水を汲むと黒いランプが出て来ました。
「綺麗に磨けば金になる」
ランプを擦ると、赤い煙が出てランプの中からジャファーが出て来ました

そう、黒いランプはジャファーを閉じ込めたランプだったのです。
恐れていた事が起こりました。

自由だ!こんな思いをさせた奴に思う存分復讐をしてやるぞ!
とジャファー。さすが悪党です。

早速、アラジンに復讐をする為に飛んで行こうとしますが、腕輪が光り飛んでいく事が出来ません!
「ランプの呪いで憎きアラジンを殺す事も出来ない」
そうです。ランプの精は人を殺す事が出来ないのです。

「誰か別な者の手を借りれば別」
とアビル・マルに目をやります。
さすが悪党、悪知恵はかなり働くようです。

ワシをアグラバーに連れて行け!
何とも態度のデカイ魔人ですね。

「あんたジーニーかい?願いをかなえてくれるんだろう?」
アビル・マルは怯えながら願い事を言います。

「伝説の黄金の沈没船」
ジャファーは魔法でアビル・マルを海に沈む沈没船に連れて行きます。海の中で息が出来なくて苦しん夢アビル・マルにサメが襲って来ました。

「望みはお気に召さなかったようだ。
次の願いは砂漠に戻る事であろう。」
アビル・マルを砂漠に戻します。
やはりジャファーは酷い奴ですね!

「これで2つ終わったぞ。ドブネズミへの復讐を手伝うのだ。ドブネズミの名前はアラジン
「俺も恨みがある」
と二人は意気投合します。

宮殿ではディナーが開かれていました。
ジーニーが魔法でショーを見せて国王は大喜びです。

国王はアラジンに、
「君を新しい国務大臣にする」
と告げます。
国務大臣として国王の相談役にしたいのです。
みんな大喜びです。

所が、そこにイアーゴが飛び込んできました。
アラジンは国王に、イアーゴを仲間とするように願いますが、国王は反対です
ジャスミンも
「また秘密!また嘘!」
とカンカンです。

イアーゴは
あいつが命を救ってくれた。俺の身を案じてくれた奴など初めてだぜ
と感動します。

ジャスミンがベッドで泣いていると、イアーゴが現れました。
「あんな奴の為に泣く事ないぜ。あんな奴を助けて損したぜ。」
と、イアーゴは盗賊からアラジンを助けた事を話しました
えっとジャスミンが驚いています。
「忘れてしまえ」
と煽るイアーゴ。
「忘れられないわ」
と言うジャスミン。

ジャスミンはアラジンの元に行き、二人は仲直りしました
これはイアーゴの計算通りです。

 

アビル・マルは宮殿に忍び込みランプを擦ってジャファーを呼び出します。
宮殿では、アラジン達とイアーゴが仲良くやっていました。

イアーゴの後ろからジャファーは現れました
アラジンの為に楽しいパーティーを用意している。パーティーに招待しろ
イアーゴは断ろうとしますが、怖くて逆らうことが出来ません。

アラジンとジャスミンがいる所にイアーゴが現れました。
王様と仲直りする為に、魔法の絨毯で、どこかに連れて行くってのはどうだろう。」
素晴らしい案だと二人は喜びました。
ジャスミンは
「誤解していたわ。ごめんなさい」
とイアーゴの額にキスをしました。

イアーゴは申し訳ない気持ちで一杯です。
これは、罠なのです。

 

王様を誘って、魔法の絨毯に乗せてアラジンは飛んできました。
「滝の上に良い場所があるんだ」
とイアーゴは案内します。

滝の上に降りると素晴らしい景色です。
王様は大喜び。

所がその時、アビル・マルと数人の盗賊が黒い馬に乗って国王を拐って行きました
「この裏切り者!」
と、イアーゴに言い放ち追いかけました。
呆気なく、アラジンはアビル・マルに滝に落とされてしまいした。

アラジンは宮殿に戻りますが、衛兵に取り押さえられます。
アラジンは国王殺しの罪を掛けられたのです

ジャスミンは、
「夜明けに処刑します」
と怒り悲しみながら去りました。
アラジンはショックを隠しきれません。

ジャスミンが牢屋に入って行くと、ジーニーがガラスに閉じ込められ、猿のアブー、オウムのイアーゴと国王、そしてジャスミンが壁に貼り付けられていました。

あれ、変ですね・・・
ジャスミンが二人・・・
さっきのジャスミンはジャファーが化けた者だったのです!

夜明けが来て、アラジンは連れて行かれます。
「あなたの味方をしてくれたアラジンを平気で裏切るの!」
とジャスミンはイアーゴを責めました。
イアーゴは、ジーニーの閉じ込められているガラスを割ろうとしますが割れません。

アラジンは処刑台に乗せられ、剣がアラジンの首に下ろされました。
その時、ジーニーがアラジンを処刑台から助け出しました
アラジンは助かったのです。

ジーニーはジャファーに反撃したいのですが、ジーニーの魔力は弱っています。
ランプだ!ジャファーのランプを壊せば奴も滅びる!

 

ジャファーと盗賊アビル・マルは復讐が終わったと大喜びです。

ジャファーは
「もう一つやる事が残っておった」
と言います。
アビル・マルは3つ目の願いが残っている事を思い出しました。
ワシを自由にするのだ、そのランプから!

どんなに汚い奴なのでしょうか!

ランプを見るとアラジンがいました。
ランプを壊す為に盗もうとしていたのです。

ジャファーはアラジンを握り潰そうとします。それはジーニーが化けた者でした。
本物のアラジンはランプに走って行きます。
ジャファーの魔法がアラジンに襲いかかります。
地面が裂けマグマが現れました。
ランプに手が届きません。

イアーゴがジャファーに攻撃しますが、呆気なくやられました。
イアーゴの前にランプ。
イアーゴがランプをマグマに落としました。
ジャファーは苦しみます。
ランプが溶けると、ジャファーもはじけて消えてしましました
イアーゴの大活躍です!

 

宮殿では、国王とアラジン、ジャスミンが喜んでいます。
アラジンは
大臣はお断りします。僕は世界を旅したいのです
ジャスミンは、「私も世界を見にいくわ」と抱きしめました。

 

感想・考察 (ネタバレ)

やっぱり、盗賊の物でも盗むのは良くないですね

アラジンは、盗賊アビル・マルが盗んできた財宝を奪い取り、アグラバーの貧しい人々にばら撒きます。貧しい人々に財宝を分け与えるのは良い事ですが、盗賊からとは言え盗むのはいけません。
当然、恨まれて襲われます。アビル・マルはアラジンを恨んでジャファーと手を組みます。
悪党相手でも悪い事をしてはいけないと言う事ですね

大切なのは仲間

魔神ジーニーは、自由になり世界中を旅してアラジンの元に戻って来ます。
世界にはない。素晴らしい物がアグラバーにはある。君たちだ
何よりも自由を欲しかったジーニーですが、自由よりもアラジンやジャスミンらの仲間が大切だったのですね。
イアーゴもアラジン達と仲良くなり仲間の大切さ、友情の大切さに気付きます。彼は、「家族」と言う言葉で表していましたね。
お金も欲しいし、自由も欲しい。でも、何よりも変えがたいのは仲間ですね。

悪党力もパワーアップしたジャファー

悪党ジャファーはランプの精の力を得ても悪人は悪人。アビル・マルが3つの願いをするも自分が得になる事以外は全く力を貸しません。
3つ目の願いも自分の自由に利用しようと考えていました。
イアーゴがアラジン達と仲良くしているのを観て、自分の為に利用しようとしました。それもイアーゴを脅してです。
仲間を奴隷としか思っていないのでしょうか
こんなに人間は要らないですね。
いつまでもアラジンを殺そうと狙うのは、まるでストーカーのようですね
気持ち悪いです。
本当に醜い男です。

作品

スタッフ・キャスト

監督  ジョン・マスカー ロン・クレメンツ
脚本  ジョン・マスカー ロン・クレメンツ テッド・エリオット テリー・ロッシオ
製作  ジョン・マスカー ロン・クレメンツ エイミー・ペル ドナルド・W・エルンスト
出演者  スコット・ウェインガー
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ ディズニートゥーン・スタジオ
配給 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国 1994年05月20日 日本 1995年04月21日
上映時間 70分
製作国  アメリカ合衆国
言語  英語

合わせて読みたい

アラジン・シリーズ

『アラジン 新たなる冒険 (2015年)』
コメディタッチの「アラジン」。最後には、しっかり泣かせます。現代版「アラジン」ですね。

ディズニー映画

ディズニー 映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sarahをフォローする
スポンサーリンク
祈りログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました