アラジン(1992年)

○ディズニー
この記事は約5分で読めます。

アラジン(1992年)

あらすじ (ネタバレ)

ざっくり、あらすじ

アラジンは猿のアブーと一緒に泥棒をして生活する少年だが、食べ物を貧しい子供に分け与える優しさを持っていました。
一方、王女ジャスミンは毎日結婚するように迫られ嫌気がさして城から家出をしました。
市場でジャスミンはアラジンと出会い、二人は恋をします。

ジャファーに頼まれ洞窟にランプを取りに行くアラジン。ランプを擦ると魔神ジーニーが現れました。

ジーニーは三つの願いを叶えることが出来ます。アラジンの願いはジャスミンと恋を叶えるため王子になる事でした。

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

何度聞いても何度観ても、感動する物語

「アラジン」は良く知られた物語で、小さな子供でも知っている話です。何度も話を聞いた事があるでしょう。でも何度聞いても見ても感動する物語ですよね。

アニメ版は子供向けだと思いますが、大人の僕が見ても素敵な話です。

貧しいアラジンと宮殿での生活に嫌気がさしているジャスミン。出会う筈のない二人が出会い恋をする。魔法の力を借りるが、最後には本当の愛を叶えます。

ロマンチックな話です。

アラジンは「ダイヤの原石」

身分の差に怖気付き、ジーニーに王子に変えてもらうが、最後には嘘はダメだと気付きます。ジーニーもずっと本当の事を言った方が良いと言ってましたが、嘘では人の心は手に入らないのですね。

最後の願いが残っている。それで王子に戻れよ」とジーニーが言いますが、「これ以上嘘をついて生きたくない」と言って、最後の魔法でジーニーに自由を与えます。

愛する人には正直でいたいと思う気持ちこそ、本当の愛なのでしょうね。
自分の幸せも大切だが、ジーニーの幸せも考えて最後の願いを使う。馬鹿だなと思うでしょうが、このようなアラジンには幸せになって欲しいと僕は思います。

アラジンは「ダイヤの原石」だと魔法の洞窟に言われていましたが、その通り素晴らしい青年です。

欲にまみれた救いようのない男、汚い男ジャファー

欲と言うのは人間が行動するための大切な力となるものです。でも、欲にまみれてはいけません。
ジャファーは、権力欲しさにランプを欲しがり、どんな手も使います。

ランプを手に入れたらアラジンを殺そうとしました。自分の欲のために人を利用して、口封じの為に殺してしまう。汚い男です。

こんな男にはなりたくないですね。
アラジンは貧しく見窄らしい青年ですが、決して心まで汚れていないです。

実写版「アラジン」

2019年「アラジン」がディズニーによって実写化されました。

映像が美しく、絨毯で空を飛ぶシーンなどは心を奪われます。

何度でも観たくなります。
実際、何度も観ました。
映画館で観て、レンタルで繰り返し観て、何度観ても感動して涙が出ました。

アラジン (吹替版)
世代を超えて愛され続ける『アラジン』をディズニーが空前のスケールで実写映画化! 貧しくも清らかな心を持ち、人生を変えたいと願っている青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、3つの願いを叶えることができるランプの魔人ジーニー。果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの本当の願...

アラジン 新たなる冒険 (2015年)もオススメです

「アラジン」を題材に書かれたギャグ満載のコメディ映画です。主人公はアラジンと同じく泥棒。現在版アラジンです。最後には、しっかり泣かせます。
好きな人がいるのに勇気が出なくて告白できない人には、是非オススメの映画です。
大人の僕たちには、この映画の方が心に響くかもしれません。

スポンサーリンク

名シーン

サウンドトラック

スポンサーリンク

作品

スポンサーリンク

スタッフ・キャスト

監督  ジョン・マスカー ロン・クレメンツ
脚本  ジョン・マスカー ロン・クレメンツ テッド・エリオット テリー・ロッシオ
製作  ジョン・マスカー ロン・クレメンツ エイミー・ペル ドナルド・W・エルンスト
出演者  スコット・ウェインガー ロビン・ウィリアムズ
音楽  アラン・メンケン 主題歌 『ホール・ニュー・ワールド』
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション
配給 ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国1992年11月25日 日本 1993年8月7日
上映時間 90分
製作国  アメリカ合衆国
言語 英語

(参考:ウィキペディア

合わせて読みたい

アラジン・シリーズ

『アラジン 新たなる冒険 (2015年)』
コメディタッチの「アラジン」。最後には、しっかり泣かせます。現代版「アラジン」ですね。

ディズニー映画

コメント

タイトルとURLをコピーしました