スポンサーリンク

アイアンマン(2008年)

アクション
この記事は約15分で読めます。
スポンサーリンク

アイアンマン(2008年)

スポンサーリンク

アイアンマン(2008年)

あらすじ(ネタバレ)

ざっくり、あらすじ

トニー・スタークは、天才科学者と知られ、軍事兵器を開発するスターク産業の社長でもある。
彼は、ゲリラ組織に襲われるが、パワードスーツを作りゲリラと戦い脱出しました。
ゲリラは残された残骸からパワードスーツの試作機の開発を進めるのだった。

会社に戻ったトニーは雑誌記者から自分の会社の武器がゲリラに利用され村が襲われている事を知る。
彼は、パワードスーツを作りゲリラを壊滅するのだった。

実はゲリラに武器を売り渡していたのは、トニーの亡き父の友人でパートナーであるオバディアだったのだ。
オバディアは、ゲリラの開発したパワードスーツを完成させ、武器として売ろうと考えていた。
トニーは阻止する為にオバディアと戦う。
パワードスーツ同士の激しい戦い。
トニーは戦いに勝利し、マスコミは新たなヒーローを「アイアンマン」と呼ぶのだった。

スポンサーリンク

詳しく、あらすじ

天才トニー・スターク


ラスベガスにある軍事産業スターク・インダストリアル。
父の会社を継いだトニー・スタークは天才開発者として知られ、兵器産業を一変させる程でした。

ゲリラの襲撃


トニーはアフガニスタンの空軍基地で、新兵器「ジェリコ」のデモストレーションを行います。
その後、軍事車両で移動していたの時の事でした。

ゲリラ組織「テン・リングス」が襲って来たのです。
一発の砲弾が爆発し、トニーは大怪我をして倒れました。

トニーの心臓


大怪我をしたトニーは直ぐに手術が行われました。
目覚めるとベッドの上。

鼻に刺さっているチューブを取り、体を見ると心臓に何か埋め込まれていました。
「何をしたんだ?」
トニーはそばにいる男インセンに尋ねます。
彼はアフガニスタンの外科医兼物理学者でした。

「君の命を救った。爆発の破片を体から抜いたが心臓近くに残っている。
1週間で破片が内臓に達する」
胸には破片が心臓に達しないように、電磁石が埋め込まれているのです。電磁石は車のバッテリーで動いていました。

ジェリコの製作


ゲリラの男達が入って来ました。
「ようこそ、トニー・スターク。ミサイルが欲しい。君が見せたジェリコが」
「断る」
トニーは拷問を受けます。

武器庫に案内されました。それはトニーのスターク・インダストリアルの兵器でした。
「ジェリコ製作に必要な材料は全てある。
今すぐ仕事にかかれ。
完成したら開放する」
トニーは自ら握手をしました。

スポンサーリンク
トニーの計画


トニーは作業を始めます。
作業場は、カメラで常時監視されています。
小さなミサイルのような物もあります。
「計画を教えてくれ」
インセンが問いますが、黙々と作業を進めています。
何か完成しました。

「ジェリコに見えない」
インセンは不思議に思いました。
「これは小型のアーク・リアクターだ。大型のは会社の工場にある。これで心臓を守る」
これを使えば大きな力を得て、人間よりも大きな物も15分間動かす事が出来るのです。

「これで脱出する」
トニーは設計図を見せました。ロボットのような形をしています。
一体。何なのでしょうか?

トントンとトンカチを叩いています。
鉄のマスクが出来ました。
更に鉄の鎧が出来上がります。

私が時間を稼ぐ


おかしい事に気付いたゲリラが作業場に向かいました。
中に入ろうとすると爆発が起きます。
爆弾を仕掛けていたのです。

トニーはパワーをオンします。
「起動するまで時間が掛かる」
「仕方ない。」
インセンは銃を持ちます。

「計画通りにしろ!」
トニーは、止めようとしますが、インセンは突入して行きました。
ゲリラを撃ち進んでいくインセン。
奥に大勢のゲリラが待ち構えていました。

パワードスーツ


作業場のコンピュータのインジケーターがフルになります。
ウィーン、と音がして何かが動きました。

ゲリラの一人が吹っ飛んで行きます。
ロボットのような形をしています。
これは、トニーの開発したパワードスーツ「マーク1」なのです。

ゲリラが銃を撃ちますが、銃弾は弾かれました。
トニーはゲリラを殴り飛ばし、ガンガン進んで行きます。

リーダーがロケット弾を撃ちますが、それました。
トニーは左腕からミサイルを撃ちます。
外れてしまいましたが、爆風でリーダーは吹き飛びました。

これが私の計画だ


ベッドにインセンが寝かされていました。
「立て。逃げよう。
計画通りにやるんだ」
トニーはマスクをとり話し掛けます。

「これが私の計画だ」
「家族に会えるぞ」
「家族は死んだ。天国で会えるよ。いいんだ」
インセンは目を閉じました。

トニーはゲリラの武器庫に向かいました。
ゲリラが銃を一斉に撃つますが効きません。

「私の番だ」
両腕から火炎を出し、兵器を燃やしました。
武器庫が燃え上がります。

体にあるスイッチを押すと、ジェットが出て舞い上がりました。
高く舞い上がり、砂漠に落ちました。

スポンサーリンク
今を持って兵器製造を中止する


ラスベガスに帰って来たトニーは、記者会見を開きます。
満身創痍のトニー。
床に座りながらの記者会見です。

「目を開かされた。
私は、この世界の為に役に立てるはずだ。
破壊の道具を作る以外に。
そこで、我が社は今を持って兵器製造を中止する」

記者会見後、オバディア・ステインが会いに来ました。
オバディアはトニーの父の親友で、現在のパートナーです。
「我々は兵器屋だ。世界を混乱から救っている」
トニーの考えを変えるつもりです。

「現実は違ったよ」
と反論して、
「アーク・リアクターだ」
と自分の胸を見せました。
アーク・リアクターの研究を進めるつもりなのです。
オバディアは納得出来ずに説得を続けます。

君にも手伝って欲しい


トニーは空軍基地にいる友人ローズ中佐に会いに行きます。
ローズは若い兵士たちに無人戦闘機の説明をしていました。

「君にも手伝って欲しい。
この計画は軍とは関係ない」
新しい研究を手伝って欲しいのです。

「人道主義者になったのか?
またなトニー」
とローズは去って行きました。
仕方なくトニーは極秘に計画を立てます。

パワードスーツの残骸


アフガニスタンの砂漠で男達が漁っています。
トニーのパワードスーツのマスクを見つけました。

ゲリラのリーダーがいました。
生きていたのです。
頭に大きな火傷の傷があります。

何をしようとしているのでしょうか?
ゲリラもパワードスーツを開発しようとしているのです。

スポンサーリンク
パワードスーツ


トニーは研究室で何か製作をしています。
ロボットの足のような物を付けました。

「初めはゆっくりだ。
10%のパワーで上昇。
いくぞ、3・・2・・1・・」
足からジェットが出ます。

トニーは後ろにぶっ飛び、壁にぶつかりました。。。
開発は続けられます。

腕と足のパーツが完成しました。
マスクを着け、体にもパーツが着けられます。
パワードスーツ「マーク2」が完成しました!

「時には歩く前に走る事が必要なんだ。
3・・2・・1・・」
ジェットを出して、駐車場から飛んで行きました。

「夢のようだ」
トニーは宙を舞い、夜空を飛びます。

「性能を試そう」
空高く上昇しました。
所が、体が氷結して動かなくなり、落ちて行きました。

トニー・スタークにもハートがある


研究室に戻ったトニー。
秘書のヴァージニア・“ペッパー”・ポッツから贈り物が届いていました。
リアクターの試作機である”初代心臓”です。
「トニー・スタークにもハートがある」
と書かれています。

パワードスーツが氷結したので外殻の材料の変更を指示します。
そしてデザインもホットロット風に変えました。
こうしてパワードスーツ「マーク3」は完成します。

スポンサーリンク
まさか不正取引をしてるのか?


トニーは、スターク主催のコンサートに出席します。
「よく顔を出せたわね」
以前会った雑誌記者クリスティンが怒っています。

彼女は写真を見せます。
グルミア村がゲリラの襲われていました。
兵器はスターク社のジェリコでした。

「写真は見たか?」
オバディアに尋ねました。
「これも商売だよ」
否定をしません。

「まさか不正取引をしてるのか?」
「君への解任要求は、この私が会社に提案したんだ」
オバディアの仕業だったのです。

トニーの怒り


”無国籍ゲリラ組織の仕業です”
テレビで、グルミア村はゲリラに襲われていました。

トニーはパワードスーツを装着します。

そして、飛び出しました。

グルミア村にトニーが現れ、ゲリラを殴り飛ばします。

腕からジェットが噴き出し、ゲリラを蹴散らしました。

そして、トニーは空に飛びます。

空からジェリコを見つけ降り立ち、腕から出るジェットで爆破しました。
トニーの怒りです。

スポンサーリンク
オバディアの裏切り


アフガニスタンのゲリラ組織のアジト。
車が入って来ました。
出て来たのは、あのオバディアです。

「トニーに受けた傷だ」
とリーダーは頭の傷を見せますが、
「殺すべき時に殺さないからだ」
とオバディアは冷たくあしらいました。

パワードスーツがありました。
「これは試作機だが、奴は完成品も作った。
12機あればアジアを支配できる」
リーダーは取引を考えています。

「これがお前への贈り物だ」
オバディアはリーダーの耳の後ろに手を当てました。
その手には赤く光る装置が握られています。
リーダーが苦しそうです。
顔には青い筋が立っています。

「心配ない。15分で回復する。その時には遅いがね」
オバディアはアジトを始末させました。
「セクター16を召集しろ。最高のメンバーで試作機を作れ」
ゲリラのアジトは燃えています。

やっとわかったんだよ、何をすべきか


「会社の出荷データを盗み出してくれ。
奴らが不正取引するなら、その兵器を見つけ出して壊す」
トニーは秘書のペッパー・ポッツに指示しました。

「何でもお手伝いしますが、また、あんな事をするなら手伝いません」
彼女は拒否します。

「今、私がやるべき事はこれだけだ」
「そうなの?じゃ辞めます。
あなたは殺される。その手伝いはイヤ」」
悲しそうに言います。

「やっとわかったんだよ。何をすべきか。
それが正しい事だと確信してる」
トニーは信念を持っているのです。

オバディアのファイル


ペッパーは会社にある社長室に入りました。
机にあるPCを起動し、ファイルを探します。

ゴースト・ドライブにアクセスすると、「セクター16」フォルダを見つけました。

ファイルを開けると動画がありました。
「暗殺の目的がスタークとは聞いていなかった。
我々を騙した代償は高いぞ、オバディア」
ゲリラがトニーを捕まえている動画でした。
ペッパーは、ファイルをダウンロードします。

その時、オバディアが入って来たのです。
トニーの酒を飲みきたのですが、
「トニーが戻って来て嬉しいよ」
とたわい無い会話をします。

ダウンロードが終わりペッパーは部屋を出て行きました。
“ダウンロード完了”

所が、PCの画面を見てオバディアが気づいてしまうのです。

スポンサーリンク
私はトニー・スタークじゃない!


オバディアはセクター16に入って行きました。
セクター16では大勢の科学者が作業をしています。
大型のアーク・リアクターがある場所です。

「現在のテクノロジーではスーツを起動出来ません」
「これがテクノロジーだ。小型化するだけでいい」
オバディアは大型のアーク・リアクターを指して言います。

「試しているんですが不可能なんです」
「トニーはこれを洞窟の中で作った!スクラップからな」
オバディアは怒っています。
「私はトニー・スタークじゃない!」
天才と比べられても困りますね。

トニーの危機


トニーにペッパーから電話がありました。
何か話があるようです。

電話を話しているトニーの顔の後ろに手が。
あの赤く光る装置が握られています。
トニーの顔に青い筋が現れ、苦しんでいます。

「これを覚えているな?
一時的な麻痺を起こす装置は便利な物だ」
オバディアは嬉しそうに話します。

「私が君の暗殺を命じた時不安な気持ちだったよ。”金の鳥を殺すのか”と。
最後にまた一つ金の卵を生んでくれた」
トニーの心臓から小型のリアクターを取り出しました。

「見給え。これは後世に残る次の世代の兵器の心臓となる」
トニーは苦しんでいます。動く事もできません。

「見せたかったよ。私の試作機を。
私のデザインは君のように保守的じゃない」
オバディアは出て行きました。

トニーは何とか部屋を出ました。
苦しくて這いずって進みます。
助けを求めたいのでしょうか。

研究室まで這いずると、ペッパーが贈ってくれた”初代心臓”がありました。

目の前に
“トニー・スタークにも心臓がある”
の文字が見えました。

スポンサーリンク
オバディアのパワードスーツ


ペッパーは5人の捜査官とオバディア逮捕に向かいました。
セクション16の鍵を破壊し入ります。

パワードスーツの試作機がありました。
しかしオバディアが見えません。

ペッパーが探します。
すると、暗闇から目が二つ光りました。

大きなパワードスーツ「アイアンモンガー」を着たオバディアが追いかけて来ます。

トニー登場


空を飛ぶトニー。
”初代心臓”なのでパワーが45パーセントに減少しています。
長時間の飛行は無理です。

オバディアがペッパーを襲おうとしています。
トニーは体当たりして吹っ飛ばしました。
「30年間お前を支えて来た。誰にも邪魔させない」
オバディアがトニーに襲いかかります。

氷結対策はしたのかい?


トニーは空に飛んで逃げます。
オバディアも飛んで追いかけます。

どんどん上昇して行きました。
しかし、エネルギーが減って捕まってしまうのです。

「惜しかったな。私のスーツの方が高性能だ」
オバディアは喜んでいます。

「氷結対策はしたのかい?」
トニーは笑っています。

「氷結対策だと?」
オバディアの目の光が消えました。

「検討してけ」
トニーが頭を軽く叩くと落ちて行きました。
エネルギーが少なくなりトニーも落ちて行きました。

スポンサーリンク
オバディアの最後


トニーはビルの屋上に落下します。

「残念だったな」
後ろにオバディアが現れ、トニーを殴って吹っ飛ばしました。
激しい二人は戦いが続きます。
オバディアの方が優勢です。

「ポッツ。
リアクターを爆発させ奴を吹き飛ばす」
トニーは電話で指示を出します。

「どうやって」
「制御台の回路を全てオンにしろ。
私が逃げたら接続ボタンを押せ。
爆発が起きる」

ペッパーは大型リアクターに向かい、オンにして行きます。

「こう言う機械は好きじゃないが正直言おう。
このスーツは楽しいよ」
オバディアの手にはトニーのマスクが。

トニーはリアクターの天井から落ちかけています。

「皮肉な話だな。
世界の兵器を無くそうとして最強の兵器を作るとは。
その兵器でお前を殺す」
オバディアが襲いかかります。

「ボタンを押せ!」
トニーはペッパーに指示します。

「あなたも死ぬ!」
トニーはリアクターの真上にいるのです。

「押すんだ!」
ペッパーはボタンを押しました。
リアクターが過剰なエレルギーを発生させます。

リアクターのエネルギーがオバディアを襲いました。

エネルギーは天にまで届きました。

オバディアはリアクターの中へ落ちて行きました。
研究所は大爆発です。

スポンサーリンク
私がアイアンマンだ


”アイアンマンは誰だ?”
「アイアンマン(鋼鉄の男)は響きがいい」
トニーは新聞を読んでいます。

捜査官がアリバイの用意をしてくれました。
事件の時トニーが他でいた事を証言してくれる人も用意してくれたのです。
やはり不味いのですね。

記者会見が始まりました。
アイアンマンはトニーではないかと疑っている記者もいるのです。
「私はどう見ても”ヒーロー”って柄じゃない。
何しろ・・・」
話が長くなりそうです。

話が長くなりそうなのでローズ中佐が
「メモを読め」
と耳打ちしました。

トニーはメモを取り出し、言いました。
「真実を言うと、
私がアイアンマンだ」
会場に歓声が沸き上がりました。

スポンサーリンク

感想・考察(ネタバレ)

ヒーローの王道

トニー・スタークのキャラが魅了的ですね。日頃はCEOとしてクールなキャラを装っているんだけど、話も面白くて少し抜けている。そんなトニーがグルミア村が襲われた時は怒りに燃える。
ヒーローとしての王道のように思えます。
人気があるのも良く分かる作品です。

戦いの見せ方がいい

少し暗い所で戦っているので、とても早くて迫力があるように思えます。
クリストファー・ノーラン監督のバットマンも同じように暗闇を上手く使って迫力を出していました。

アーク・リアクターとは何?

プラズマ技術を用いた半永久発電機関です。
トニーが洞窟で作った小型のアーク・リアクターは、毎秒3GJで人生50回分は心臓を動かす事が可能です。パワードスーツなら15分稼働させる事が可能なのです。
大型のアーク・リアクターは実用的でなく宣伝用としか見做されませんでした。
この大型のアーク・リアクターは、トニーは洞窟でたった1週間で開発するのですが、スタークの優秀なエンジニアでも開発は不可能でした。
「私はトニー・スタークじゃない!」
と言う程でした。

パワードスーツとは何?

トニーが開発したスーツです。ゲリラ組織に捕まり戦う為に開発しました。

初期のパワードスーツは「マーク1」と呼ばれ、銃弾を跳ね返し、火炎放射器やロケット砲を装備しています。所がゲリラから脱出する時に上手く空を飛ぶ事が出来ず砂漠に墜落してしまいます。

スターク社に戻り改良した「マーク2」は、両手とブーツには「リパルサー」が装備され自在に空を飛ぶ事が出来ます。
しかし、空高くまで上昇すると氷結してしまうのです。

更に改良されオバディアと戦ったパワードスーツは「マーク3」です。
素材を変更して氷結問題を解決し、右腕にロケットミサイルや肩に小型の銃撃装置が装備されています。
カラーリングも赤と金色のホットロット風に変更されました。

以後、改良が加えられバージョンを重ねて行きます。

ジャービスとは何?

トニーが開発した人工知能(AI)です。
J.A.R.V.I.Sは、Just A Rather Very Intelligent Systemの頭文字。訳せば、「かなりとても賢いシステムに過ぎない」ですね。皮肉もありますが、ぴったりの名前です。
執事として家事や話し相手をするだけでなく、アイアンマン として戦闘中はトニーに情報を与えてアシストしてくれるのです。

エンドロールの後、ニック・フューリー登場

エンドロールの後、映画は続きます。
「君がアイアンマンか。君だけがヒーローと思うか?
自分がより大きな世界の一部になったと知らないんだ。
アドベンチャーズの話をしたい」
会見から戻ったトニーをS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーが待っていました。
これからヒーロー組織アドベンチャーズ結成へと繋がっていくのですね。

作品

スタッフ・キャスト

監督 ジョン・ファヴロー
原作 キャラクター創造 スタン・リー ドン・ヘック ラリー・リーバー ジャック・カービー
出演者 ロバート・ダウニー・Jr グウィネス・パルトロー テレンス・ハワード ジェフ・ブリッジス ショーン・トーブ クラーク・グレッグ
製作会社 マーベル・スタジオ
配給 アメリカ合衆国 パラマウント映画 日本 SPE
公開 オーストラリア 2008年4月14日 アメリカ合衆国 2008年5月2日 日本 2008年9月27日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語

アクション 映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sarahをフォローする
スポンサーリンク
祈りログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました