四條畷神社(大阪府四條畷市)

四條畷神社 参道なにわ七幸
この記事は約2分で読めます。

四條畷神社(大阪府四條畷市)の基本情報

四條畷神社 鳥居

四條畷神社しじょうなわてじんじゃの基本情報(御祭神、御利益、霊場、由緒、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

四條畷神社の御祭神

楠木正行くすのきまさつら

四條畷神社の御利益

心願成就

四條畷神社の霊場

なにわ七幸めぐり

神仏霊場巡拝の道 61番(大阪20番)

四條畷神社の由緒

御祭神・楠正行公は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、不利を覚悟で南朝側に立って戦った武将、楠正成公の嫡男です。明治以降、父は大楠公、息子は小楠公と呼ばれ、親しまれました。

明治になって、地元の神主たちが神社創建を嘆願。明治二十二年(一八八九)に現在地に創建の勅命が下り、四條畷神社という社号が下されました。

桜井の別れ

楠木正成公が最後の戦いとなった湊川に出陣する前に、桜井で「父の死後は足利の天下となるだろうが、どこまでも正統の天皇をお守りせよ。それが父への孝行となる」と遺言します。
これが有名な「桜井の別れ」です。

貞仁両全

正成公が亡くなり、正行公は悲しみ恐れ自害しようとしますが、母は、父の意思を継ぐように諭され思い止まります。正行公はこの12年後に忠義を果たし、正行は四條畷で戦死します。

スポンサーリンク

境内の様子

四條畷神社 一の鳥居跡 四條畷神社 参道 四條畷神社 石段 四條畷神社 石段 四條畷神社 狛犬 四條畷神社 狛犬 四條畷神社 境内 四條畷神社 鳥居 四條畷神社 母と小楠公 貞仁両全 四條畷神社 桜井の別れ 忠孝両全   四條畷神社 手水舎 四條畷神社 有源招魂社 四條畷神社 桜 四條畷神社 一の鳥居再現

☝️クリックすると拡大表示されます

四條畷神社の御朱印

四條畷神社 御朱印 なにわ七幸めぐり

四條畷神社の拝観時間

日の出から日没まで

(授与所は、9:00〜17:00)

四條畷神社の拝観料

無料

四條畷神社への行き方(アクセス・地図)

電車

  1. JR「四條畷駅」から徒歩15分

自動車

  1. 第二京阪道路 寝屋川南ICから13分
  2. 第二京阪道路 寝屋川北ICから20分
  3. 阪神高速 水走出口から23分

四條畷神社の駐車場

無料あり(25台)

四條畷神社の所在地・連絡先

コメント

タイトルとURLをコピーしました