西国三十三所を行く!箕面の滝から勝尾寺へ歩く(その1)

瀧安寺 妙音弁財天参拝レポート
この記事は約9分で読めます。

西国三十三所を行く!箕面の滝から勝尾寺へ歩く(その1)

箕面の滝 滝道

しばらく行っていなかった西国三十三所ですが、今回は、第二十三番の勝尾寺に参拝する事にしました。

参拝は勝尾寺だけですが、阪急「箕面駅」から「瀧安寺」「箕面の滝」を通り、勝尾寺まで歩こうと思います。
ハイキングコースとしても有名です。

(その1)から(その3)までの全3回
(その1)は、瀧安寺までのレポートです。

序文

しばらく行っていなかった西国三十三所ですが、今回は、第二十三番の勝尾寺に参拝する事にしました。

参拝は勝尾寺だけですが、阪急「箕面駅」から「箕面の滝」を通り、勝尾寺まで歩こうと思います。
ハイキングコースとしても有名です。

「北千里駅」「千里中央駅」からバスを乗り継いで、勝尾寺に参拝する事が出来るので、普通の人はバスを使って下さい。
帰りのバスの最終が早いので注意して下さい

⭐️参拝ルート全体

スポンサーリンク

箕面まで

ルート

住吉大社に参拝した後、「箕面の滝」へ向かいました。

南海「住吉大社駅」から乗り、地下鉄「難波駅」、阪急「梅田駅」と乗り継ぎ、「箕面駅」で下車します。
「箕面駅」から歩き、「瀧安寺」に参拝してから、「箕面の滝」を鑑賞する予定です。

箕面駅まで

梅田駅で阪急に乗り換え、箕面駅に向かいます。

阪急 梅田駅

住吉大社から電車を乗り継いで、阪急「梅田駅」に到着。
阪急「梅田駅」は大きい駅なのですが、路線数・ホーム数最多の関西で一番大きい私鉄の駅らしいですね。

阪急 石橋駅 箕面線ホーム

宝塚線に乗り、「阪大石橋駅」で下車。
ここで箕面線に乗り換えます。
終点が「箕面駅」です。

阪急 箕面駅

箕面駅」に到着しました。

箕面交通・観光案内所

ここにある「箕面交通・観光案内所」で、念のため道を尋ねました。

もみじの足湯」と言うのが気になりますが、時間がないので入れません・・

阪急 箕面駅 箕面交通・観光案内所 もみじの足湯

お話によると・・

滝道を歩いて真っ直ぐ行くと「箕面の滝」に着きます。
そこから上にあがり、車道を歩くと「勝尾寺」です。
歩いて2時間半から3時間かかると行っていました。
思っていたよりも時間がかかりそうですが、頑張りましょう。

ただ・・帰りにバスを乗りたかったのですが、なさそうです。

滝道

箕面駅から滝道を歩いて、まずは瀧安寺へ向かいました。

箕面の滝 滝道

この駅前の道を歩いて行きます。
これは「箕面の滝」へ行く為の道なのです。

もみじの天ぷら」が有名で食べた事があるのですが、ポリポリして美味しいです。買いたいのですが、持って歩くと潰れそうなので諦めます。

箕面の滝 滝道

5分と歩かないうちに、緑が溢れて来ました
ハイキングする人が楽しそうにしていますね。

空気が美味しいです。
駅前と違い、空気が澄んでいるのがよく分かります。

ウキウキ気分です。
行きましょう!

箕面の滝 滝道 川

川の流れる音が右手から聞こえて来ました。
美しい川が流れ、水音が心を洗い流してくれます。

箕面の滝 滝道

箕面の滝 滝道

箕面の滝 滝道

どうでしょう!
美しい緑と川が、楽しめます。
気持ち良いです!

ここまで駅から歩いて15分くらいです。
駅近のオアシスです。

瀧安寺

山門

瀧安寺 山門

滝道を歩いていると、左手に鳥居が現れます。
少し歩くと、瀧安寺山門です。

これは文化六年(一八〇九年)に、京都御所より移築された物なのです。

手前に狛犬がいるのが分かるでしょうか?
寺に狛犬???
不思議な感じがしますが、この瀧安寺は修験道の寺で、神仏習合の名残が残っているのです。

観音堂

瀧安寺 観音堂

山門を真っ直ぐ進むとあるのが「観音堂」です。
大きな立派な建物です。

この観音堂は、秀吉の母君・大政所おおまんどころの寄進によって建立されました。
主尊は、如意輪観音です。

ここで満足して帰っては行けません。

大護摩道場

瀧安寺 鳥居 大護摩道場

観音堂の裏に回ると鳥居があり、その奥に「大護摩道場」があります。
ここで火を焚き、護摩を行うのです。
年に3度、山伏が参集して修法しています。

瀧安寺 石段

左手に石段があり、上に上がる事が出来るので上がりましょう!

瀧安寺 境内

石段の上には、更に境内が広がっています。

妙音弁財天

瀧安寺 妙音弁財天

参道を進むと右手に大きな弁財天がいます。
弁財天像は、小さな物が多いですが、この弁財天は5メートルはあるのではないでしょうか。

弁財天の別名を「妙音天」と言います。

本堂 弁天堂

瀧安寺 鳥居 本堂 弁天堂

鳥居の向こうの見えるのが本堂(弁天堂)です。

瀧安寺 本堂 弁天堂

本堂の前にも狛犬がいますね。
日本の最初にして最古と伝える弁財天を祭祀しています。

役行者が箕面滝で修業し、弁財天の導きを受けて悟り宗教家として大成しました。その報恩感謝のもとに、自ら弁財天の像を作り、滝の側に祀ったのです。

つまり、恐れ多い弁財天なのです。

行者堂

瀧安寺 行者堂

役行者不動明王および蔵王権現(大峰山の主尊)をお祀りしてあります。

大黒堂

瀧安寺 大黒堂

恵比寿さまと大黒天さまが祀られえています。

瀧安寺の由緒

役行者箕面滝で修業し、弁財天の導きを受けて悟り宗教家として大成しました。その報恩感謝のもとに、自ら弁財天の像を作り、滝の側に祀り、箕面寺と名付けました。後に瀧安寺と改称します。

以後、多くの修行者が入山し、山岳の道場として発展しました。
名高い宗教家に、奈良時代の行基を始め、空海(弘法大師)、聖宝(理源大師)、圓珍(智証大師)、鎌倉時代の法然、日蓮、そして蓮如の諸師達がいます。

瀧安寺の本尊

弁財天

瀧安寺への行き方(アクセス・地図)

電車

阪急「箕面駅」から徒歩20分

自動車

道路幅がせまく、駐車場やUターン場所がありません。
箕面市営の駐車場(箕面駅の南方)に預けて、徒歩でご来山下さい。(約20分)

↓↓↓

瀧安寺の駐車場

なし

道路幅がせまく、駐車場やUターン場所がありません。
箕面市営の駐車場(箕面駅の南方)に預けて、徒歩でご来山下さい。(約20分)

箕面駅前パーキング

30分100円

所在地電話番号
箕面駅前第一駐車場大阪府箕面市箕面6-4-10072-721-3360
箕面駅前第二駐車場大阪府箕面市箕面5-12-67072-721-1903

瀧安寺の所在地・連絡先

受付時間:9時-16時

続きは・・

滝道を歩いているうちに、だんだんと元気になってきました。

瀧安寺だけでも美しいのですが、本命の「箕面の滝」と「勝尾寺」は更にこれからです。
頑張りましょう!

続きは、(その2)です。

〜 次回 〜

合わせて読みたい

西国三十三所を行く!箕面の滝から勝尾寺へ歩く 三部作

瀧安寺と同じ本山修験宗の寺 三室戸寺の参拝レポート

基本情報

西国三十三所 参拝レポート

楠木正成・正行と縁の神社仏閣 参拝レポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました