マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013年)

MCU
この記事は約12分で読めます。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013年)

マイティ・ソー の2作目
ダークエルフのマレキスがエーテルを使って世界を闇に変えようと企みます。
殺された母親の復讐の為に、あのロキとソーが一緒に戦うのです。
これだけでも驚きですが、ラストで更に驚かされました。
皆さん、よく見てください。

ざっくり

遥か昔光が誕生する前世界を支配していたダーク・エルフ。
惑星直列が起こり、9つの世界が繋がる。ダーク・エルフ達はエーテルの力を使い再び世界を闇に戻そうと企んでいた。

惑星直列を調査していたジェーンの体に、エーテルが入り込んだ。
異常に気付きソーがアスガルドにジェーンを連れてくるが、ダーク・エルフの軍団がアスガルドに襲いかかる。狙いはジェーンの体に入り込んだエーテルだ。

ソーはロキと共にダーク・エルフとの戦いに挑む。

あらすじ(ネタバレ)

ダークエルフとエーテル

今から数千年前に惑星直列が起こった時、マレキスと言うダークエルフが、”エーテル”を使い、宇宙を再び闇に戻そうとしました。

その時に、オーディンの父であるアスガルドの王ボーがダークエルフに挑み、彼らの企みを阻止したのです。

アベンジャーズの戦いの後、ロキは地下牢に閉じ込められ、ソー達は戦って混乱した9つの世界に平和をもたらしました。
そしてオーディンはソーを王の継承者としようと考えていました。

ジェーンの異変と再会

地球では、ジェーンとダーシー、イアンがロンドンの廃屋で惑星直列の調査をしていました。
その時突然、ジェーンは吸い込まれて別な世界に飛ばされてしまったのです。

岩の間から赤く何かが光っています。
エーテルです。
それはジェーンの体を包み、そして体内に入り込みました。

ジェーンが目を覚ますと元の廃屋に戻っていました。
雷が鳴り、突然の雨が降り、ソーが現れました。
ジェーンの異変に気が付き、駆けつけたのです。

「どこにいたの?
待って、待ち続けて・・・・」
とジェーン。
「またこうして会えたのは運命だと思う。
どこにいようと俺は・・・」
ソー。

二人は会えた嬉しさを噛み締めていました。

その時、警察が不法侵入罪でジェーンを捕まえようとします。
腕をつかもうとした警察官は吹き飛びました。
エーテルが拒絶したのです。

天から伸びる光の柱が二人を包み、吸い込んで行きました。そして二人はアスガルドへにワープしたのです。

ダークエルフの襲撃

ジェーンの入り込んだエーテルをアスガルドの技術で解析し、取り除こうとしますが出来ません。
エーテルはジェーンに寄生し、このままではジェーンは弱っていくのです。

ソーは宇宙で今、何が起こっているのかをジェーンに話しました。
9つの世界はエグドラシルで繋がっていて、ミッドガルドを中心に回っているのです。
そして5千年毎に9つの世界が完全に重なり、世界が一直線に並ぶのです。
この時に世界の境目は曖昧になります。

「君はその出入り口を見つけたのだろう。
ドアが閉じなくて良かった」
「あなたの説明の仕方が好きよ」
そう言うジェーンにソーはキスをしました。

地下牢で騒ぎが起こりました。
ダークエルフの一人が忍び込み、罪人達を解き放ったのです。
「階段を昇って左に進むと良い」
とロキは彼に助言をしました。

ダークエルフの船が現れアスガルドの街を攻撃し始めます。
ヘイムダルはシールドを張りますが破られて、とうとう宮殿に侵入されてしまうのです。
船の中からダークエルフの兵士たちが出てきました。

マレキスが王妃フリッガとジェーンの前に現れました。ジェーンの体にあるエーテルを奪いに来たのです。
フリッガが戦いジェーンは無事だったのですが、フリッガはダークエルフの兵士に殺されてしまいました。

ソーの作戦

ダークエルフ追い返した後、
「ジェーンを連れてダーク・ワールドへ行き、そしてマレキスがジェーンの体からエーテルを取り出した時を狙ってマレキスもろとも消し去る」
とソーはオーディンに作戦を提案しますが聞き入れません。

「戦うのだ。
我らアスガルドの最後の一人が生き絶えるまで」
妻を失ったオーディンはダークエルフと全面戦争するつもりなのです。

彼の様子を見たソーは決心するのでした。
ソーは幼馴染みのシフとウォリアーズ・スリーの3人、ヘイムダルを集め、指示を出しました。

ソーは地下牢に行きロキに会います。
ダーク・ワールドへの抜け道を知っているのはロキだけなのです。

「アスガルドから出るのを手伝えば復讐を遂げさせてやる」
ソーはロキも母フリッガの敵討ちをしたいと思っていると信じているのです。
「私を信用するのか?」
ロキはソーを嘲笑うように言います。
「裏切れば、その時は殺す」
ソーはロキを連れ出しました。

ロキの手には手錠。
ジェーンを連れて、ソーとロキは飛行船に乗り込みます。

ロキの裏切り

船は宮殿を飛び出し、街を抜けていきます。
ロキが舵を握った飛行船は岩山に突っ込んで行きました。

狭い隙間を飛行船は擦り抜け、荒野に不時着しました。
ダーク・ワールドです。

ダークワールドの荒野を歩く3人。

「まだ私を信じないのか?」
ロキは両手を出し、手錠を外すように催促しました。
ソーは手錠を外します。

「私なら信じないな」
ロキは短剣を取り出し、ソーを刺しました!
ソーはハンマーを呼ぼうと手を伸ばします。

その時です。
ロキはその腕を切り落としたのです!

なんて言うことでしょう!
裏切ったのです!

「マレキス、私はトゥンへイムのロキだ。
土産を持ってきた」
とジェーンを差し出しました。

マレキスはジェーンを宙に浮かせます。
浮いた彼女の体からエーテルが吹き出しました。
エーテルが宙を舞っています。

マレキスがエーテルを吸い込もうとした、その時です。
「ロキ、今だ!」
ソーが叫びました。

ロキが手をソーに向けてかざします。
するとソーの切り落とされたはずの腕が現れ、ハンマーを呼び寄せたのです。
ハンマーから雷が放たれ、エーテルは破壊されました。

そうです!
ロキは裏切っていなかったのです!

復讐

しかし、粉々になったエーテルは宙に浮き上がり、マレキスに吸い込まれてしまいました。
マレキスはエーテルの力を手に入れたのです。

ダークエルフたちはロキを襲いかかりました。
ジェーンを守りながら戦うロキ。

ソーを見ると、カースに一方的に殴られていました。
ロキは助けに行くのですが、槍で刺されてしまいます。
そして苦しみながらカースの武器を使って殺しました。

これでロキは復讐することが出来たのです。

「ロキ、しっかりしろ」
ソーは駆け寄り抱きかかえました。
「すまない。本当に」
ロキの顔から血の気が消えていきます。
「お前の行いは必ず父上に伝える」
ソーの腕の中でロキは亡くなりました。

荒野に嵐が吹きました。

ソーとジェーンは洞窟に身を隠しました。
そこで地球の廃屋で無くしたはずの車の鍵や靴があります。
二人が洞窟の奥に進むとあの地球の廃屋にワープしました。

世界の境目だったのです。

スポンサーリンク

マレキスとの戦い

マレキスは9つの世界の重なる場所でエーテルを使う気です。
全宇宙を消し去る気なのです。

9つの世界が重なる場所。
それはグリニッジでした。
ソーとジェーン、そしてエリック、ダーシー、イアンが向かいます。

ダークエルフの船がグリニッジに出現しました。
中からマレキスが現れ、ダークエルフの兵士が暴れるです。

ソーはマレキスに戦いを挑みます。
世界の境目で、地球とダーク・ワールドを行き来しながら戦うのです。
しかし、ソーの劣勢でした。

ソーを退けたマレキスはエーテルを放出させ、世界を襲い始めました。
このままでは世界は消え去ってしまいます。

「マレキス!」
駆けつけたソーの手にはエリックの開発した武器がありました。
「降伏するなら受け入れてやる」
ソーはエリックの作った武器でマレキスを倒す事が出来ましたのです。

礼を言うのは私の方だ

「お前はかつて言った、ワシより勝る王はいないと。
だが、それは違ったな」
オーディンはソーに王位を継ぐように勧めました。

「俺はアスガルドの王にはなりません」
ソーは王としてではなく、自分の人生を歩みたいのです。

「一人の息子は王の座を欲しがり過ぎ、もう一人は要らんと言う」
オーディンは呆れています。

「ロキは名誉ある死を選んだ。
俺も誇り高く生きます。
ありがとう父上」
そう言ってソーは去っていきました。

それをじっと見つめるオーディン。

「礼を言うのは私の方だ」
彼の姿がロキに変わりました。

スポンサーリンク

感想・考察(ネタバレ)

アスガルドだけでなく9つの世界に危機がダークエルフによってもたらされ、あのロキと力を合わせて戦うのを見て感動しました。
所が・・・
オーディンの姿がロキに変わった時、ゾクゾクっとしました。
ソーを助けたのは彼の兄に対する思いだったからなのか?
どこまでが彼の本音で、どこまでが彼の演技なのかわからなくなりました。
マイティ・ソー のシリーズはロキの存在が面白いです。

カースとは何か?

マレキスの持つ石の力で肉体を強化した化け物。カースに変身すると魂が無くなり不死身になる。
マレキスの右腕アルグリム・ザ・ストロングがカースと言う化け物に変身し、アスガルドを襲った。

エリックの発明した物

グラビメトリック・スパイク
ロングポール型の装置で、惑星直列の時に不安定になる世界の境目を安定させることが出来ます。
ジェーンの持っているフェイズ・メーターと組み合わせて、物質をワープさせる事が出来るのです。

何故エリックは裸だったのか

ロキに洗脳された後遺症のようです。
精神病院に入れられてしまいますが・・・。
「頭の中に神様がいる」と発言しているのはロキの事を言っているのでしょうね。

何故ロキはソーの腕を切り落としたのか?

マレキスの油断を誘う為だと思います。

ロキが裏切ったように見せかけて油断させ、ジェーンからエーテルを抜いた時を狙って、ソーがムジョルニアでエーテルを破壊する。
恐らく騙すのが得意なロキが立てた作戦なのだと思います。
(力でねじ伏せるソーが立てれる作戦ではないでしょう)

ロキは何故死んだフリをしたのか?

母親フリッガを殺害したカースを殺し、復讐を果たしたので退場したのでしょうね。

後ろからカースを槍で刺したのは、ソーを助けたと言うよりも復讐したかっただけなのかも知れません。

反撃を受けた後、敵の爆弾で殺害する。そして自分は殺された振りをして消え去り、オーディンに会いに行く。
これがロキの作戦でしょうか。

ロキの死を報告した衛兵はロキなのか?

死んだと思われたロキは幻影で、ロキは衛兵に化けてオーディンに「ロキの遺体」があった事を報告する。
オーディンの「…ロキか?」という台詞は、「ロキの遺体か?」と言う意味と「お前はロキか?」と言う意味を兼ねています。

マレキスの最後?

エリックの作った武器でダークワールドへ転送されたマレキスが宇宙船の下敷きになって最後を迎えます。
五千年前の戦いで味方を宇宙船の下敷きにして勝とうとした報いでしょうね。

本物のオーディンはどうなったのか?

オーディンは行方不明になります。
どうなったかは「マイティ・ソー バトルロイヤル」でのお楽しみになります。

エンドロール後

ヴォルスタッグとシフが「コレクター」と呼ばれる男タニリーア・ティヴァンの元にエーテルを閉じ込めた箱を預けました。
二人が去った後
「これで一つ・・・残るは5つ」
とコレクターは呟きます。
コレクターはインフィニティ・ストーンを集める事に興味を持ったようなのです。

更にエンドロールが全て流れた後、ジェーンの元にソーが現れ、二人は熱くキスをします。

カース・ストーン

ダークエルフの持つ石で、握り潰し体内に取り込むと強靭な肉体を持つことができる

ブラックホール・グレネード

手榴弾のように投げると、ブラックホールが出来て破壊する
ロキはこれを使ってカースを倒した。

エーテル / リアリティ・ストーン

宇宙に6つ存在するインフィニティ・ストーンの一つで、唯一液体のような形をしている。
マレキスは、これを使い宇宙を闇の世界に戻そうとした。

フェイズ・メーター

宇宙エネルギーを計測する装置で、ジェーンが使用している。
前作『マイティ・ソー』では、偶然この装置で地球に落とされたソーを発見した。

グラビメトリック・スパイク

セルヴィグ博士の開発した惑星直列の時世界を安定化させる装置で、細長い杭のような形をしている。
フェイズ・メーターも利用すると空間に歪みを作ることが出来、物体や人を他の世界に転送させることが出来る。
これを使ってマレキスを倒すことが出来た。

スタン・リーのカメオ出演

エリックが入院患者相手に、患者の靴を使って惑星直列の説明しますが、その靴の持ち主。
「わしの靴を返せ」と言っています。

サウンドトラック

スポンサーリンク

作品

Amazon.co.jp: マイティ・ソー/ダーク・ワールド(字幕版)を観る | Prime Video
「アベンジャーズ」の戦いから1年 - 地球滅亡を救うため、アベンジャーズ最強の男ソーは、弟ロキとともに立ち上がる。はたしてロキは敵か味方か?(C)2014 Marvel
Amazon.co.jp: マイティ・ソー/ダーク・ワールド(吹替版)を観る | Prime Video
「アベンジャーズ」の戦いから1年 - 地球滅亡を救うため、アベンジャーズ最強の男ソーは、弟ロキとともに立ち上がる。はたしてロキは敵か味方か?(C)2014 Marvel
Amazon | マイティ・ソー:ダーク・ワールド -オリジナル・サウンドトラック | ブライアン・タイラー, キース・パワー, スチュアート・トーマス, マイケル・クレイマー, スティーヴ・デイヴィス | サウンドトラック | 音楽
マイティ・ソー:ダーク・ワールド -オリジナル・サウンドトラックがサウンドトラックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | マーベルセレクト/マイティ・ソー ダーク・ワールド/ソー アクションフィギュア | フィギュア・ドール 通販
マーベルセレクト/マイティ・ソー ダーク・ワールド/ソー アクションフィギュアの通販ならアマゾン。フィギュア・ドールの人気ランキング、レビューも充実。最短当日配送!

スタッフ・キャスト

監督 アラン・テイラー
脚本 クリストファー・ヨスト クリストファー・マルクス スティーヴン・マクフィーリー
原案 ドン・ペイン ロバート・ロダット
原作 スタン・リー ラリー・リーバー ジャック・カービー
製作 ケヴィン・ファイギ
製作総指揮 ヴィクトリア・アロンソ ルイス・デスポジート アラン・ファイン ナイジェル・ゴストゥロウ クレイグ・カイル スタン・リー
出演者 クリス・ヘムズワース ナタリー・ポートマン トム・ヒドルストン アンソニー・ホプキンス ステラン・スカルスガルド カット・デニングス イドリス・エルバ クリストファー・エクルストン アドウェール・アキノエ=アグバエ カット・デニングス レイ・スティーヴンソン ザッカリー・リーヴァイ 浅野忠信 ジェイミー・アレクサンダー レネ・ルッソ
音楽 ブライアン・タイラー
撮影 クレイマー・モーゲンソー
編集 ダン・レーベンタール ワイアット・スミス
製作会社 マーベル・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 世界 2013年10月30日 アメリカ合衆国 2013年11月8日 日本 2014年2月1日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語

合わせて読みたい

MCUシリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました