スポンサーリンク

ジョン・ウィック:チャプター2(2017年)

アクション
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

ジョン・ウィック:チャプター2(2017年)

前作の5日後
伝説の殺し屋ジョン・ウィックの復讐は続く

愛の思い出を燃やした
マフィアに復讐を誓う

気持ちが良いガンアクション
で、次々と敵を倒す

ラスト
彼の苦しみは酷くなるのです

彼を支えるのは愛
しかし、彼は孤独だった

観ていてつらいです

スポンサーリンク

ざっくり

ロシア・マフィアとの戦いから5日後、伝説の殺し屋ジョン・ウィックのもとに、マフィアのサンティーノが、仕事の依頼に来た。引退を決めているジョンが断ると、サンティーノはジョンの家を爆破したのだ。

ジョンはサンティーノに報復をしたいが、誓印を交わしている相手を殺す事は掟で禁じられているのだ。仕方なくジョンは依頼を受けて、サンティーノの姉を殺害して、誓印の義理を果たし自由になる。

所が、主席連合のトップになったサンティーノは姉を殺した事を理由に、ジョンに報復するのだ。
ニューヨーク中の殺し屋がジョンを狙う。

ジョン・ウィックは、サンティーノに報復する為にニューヨーク中の殺し屋たちと戦う。

スポンサーリンク

あらすじ(ネタバレ)

燃える家

ロシアマフィアとの戦いから5日後、伝説の殺し屋ジョン・ウィックの元にイタリア系マフィア「カモッラ」の幹部サンティーノ・ダントニオがやって来ました。

サンティーノは誓印を見せ、仕事を依頼したいと頼みます。
ジョンは何も聞かずに断りました。
裏社会に戻りたくないからです。

サンティーノはジョンの家にロケット弾を放ちました。
ジョンの目の前で愛するヘレンとの思い出の家、ヘレンの写真が燃えます。
二人の思い出が・・・。

ジョンの顔には憎しみが表れています。
彼は復讐を誓うのでした。

誓印の掟

友人で、殺し屋の世界で絶大な力を持つコンチネンタルホテルの支配人、ウィンストンに相談しました。
もし誓印を交わした相手の頼みを受けなければ、厳しい処分が下されるのです。

「彼の依頼を受けて、自由になれ」
とウィンストンはアドバイスします。

ジョンはサンティーノのいる美術館に向かいました。

「私に必要なのは、まさに私を睨んでいる君だよ。ブギーマンが必要だ。
ジョン・ウィックが必要なのだ」
サンティーノは美術品を観ながら話を続けます。

「私の姉を殺して貰いたい」
父の遺言で主席連合の席に着いた姉ジアラ・ダントニオを殺して、自分が席に着きたいです。

ジョンは黙って去りました。

ジアラ

イタリア・ローマの寺院でジアラはパーティを開いています。
武器を揃えたジョンは潜入しました。

バスルームに入り、一人きりになったジアラの前にジョン・ウィックは現れました。

「私はかつて友達だった。
遠い昔の事ではない」
ジョンが仕事で来た事をジアラは気付いているのです。

「誓印の持ち主は誰?」
「君の弟だ」
ジョンは淡々と答えます。

ジアラは服を脱ぎ、髪留めを外し、バスタブに入りました。

「私は自分のやり方で生きて来たの。
自分のやり方で死ぬわ」
ナイフで手首を切り、体をバスタブに沈めました。

バスタブは赤く染まります。

そして、銃声が響きました。

サンティーノの裏切り

サンティーノは、電話を掛けます。
「アカウント部へ口座を開きたい。オープンだ。ジョン・ウィック。金額は700万」

主席連合のアカウント部は、一斉にメッセージを送信します。
ジョン・ウィックに700万ドルの賞金が掛けられたのです。

バイオリン弾きの女性
力士のように大柄な男
街を歩く男性
・・・

ニューヨーク中の殺し屋がジョンを狙いました。

ジョンは、銃・ナイフ・柔術を使って倒すのです。
そして鉛筆も使って殺すのです。

バワリー・キングの助け

ジョンも無傷ではありません。
地下道で二人組に追いかけられました。

座り込んでいるホームレスにコインを渡し
「彼に合わせろ」
とホームレスに匿ってもらいます。
ホームレスは追って来た二人を銃で撃ち殺しました。

ビルの屋上にバワリー・キングが鳩を抱きかかえています。

「力を借りたい。
この街の隅々にいるホームレスの仲間ならサンティーノを見つけられるはずだ」
ジョンは頼みます。
彼は地下犯罪情報組織の王なのです。

ジョンはサンティーノがこの街を狙っている事を伝えました。

「あんたには選択肢がある。
戦争をするか、俺に銃をくれるか」
ジョンの言葉にバワリーは、銃と銃弾7発を用意しました。

ジョンはサンティーノのいる美術館に向かいました。

復讐

美術館でサンティーノはパーティをしていました。

ジョンは地下から潜入します。
そしてパーティで挨拶周りをしているサンティーノに近づいて行くのです。

サンティーノが気付き、二人は睨み合います。
ジョンは銃を撃ちました。

大勢の部下がジョンに襲いかかります。
銃・ナイフ・柔術を使い倒し、サンティーノを追いかけるジョン。

サンティーノは鏡ばりの部屋に逃げ込みました。壁も柱も鏡です。

「誓印は効力を終えた。
君は逃げれば良かったんだ。
不死身のつもりなのか」
サンティーノは警告します。

「お前が望んだ通りに俺は戻った」

ジョンは襲ってくるマフィアを倒すのですが、サンティーノに逃げられました。

うちに帰ろう

サンティーノはコンチネンタルホテルに逃げ込みました。
サンティーノはジョンを除名しろと言うのですが、ウィンストンは断固として断ります。

ジョン・ウィックが現れました。
右手には銃を持っています。

「ジョナサン、何もせずに立ち去れ」
ウィンストンは止めますが、ジョンはサンティーノの頭を撃ち抜きました。

「うちに帰ろう」
預けていた犬を連れて出て行きます。

掟を破ると言う事

雨の中、家の燃え跡から思い出のペンダントを見つけ手に取るジョン。

「ウィック様」
コンチネンタルホテルのマネージャーが同行を求めました。

公園の前に車は停まります。
公園の中心にウィンストンが待っていました。

「ウィンストン、俺はどうなる?」
「カモッラがサンティーノが出した暗殺計画を世界中に送信した。
私は君を追放せざるを得ない。
君の人生は失われた」

主席のサンティーノを殺した上に、コンチネンタルホテルで殺してはいけない、と言う掟を破ったのです。

「なぜ俺は殺されない?」
ジョンは疑問に思います。

「私が止めているからだ」
ウィンストンが合図をすると、公園中の人の動きが止まりました。

時間が止まったようです。
もう一度合図すると人は元のように動きます。

「1時間だけやる。
それ以上は無理だ」
ウィンストンは誓印を渡しました。

「ウィンストン伝えてくれ、彼ら全員に。
俺に近づく者は例え誰だろうと必ず殺すと、全員殺すとな」
ジョンは犬を連れて歩き出しました。

アカウント部は、1時間後にジョン・ウィックを追放処分にするメッセージを世界中に送信しました。

公園中の人が通り過ぎるジョンを見ます。
ジョンは慌てて駆け出すのでした。

スポンサーリンク

感想・考察(ネタバレ)

戦う理由は愛

愛する妻が残した犬を殺され復讐した前作、今作では、二人の思い出と共に家を燃やされてしまい、復讐をします。
そして、殺し屋・マフィアを壊滅させるのですが、戦った理由は愛です。
だから応援したくなります。

異常な奴ら

しかし、主席を殺した為に世界中の殺し屋から狙われる羽目になり、公園から逃げる姿は見ていて辛いです。

どう見ても悪いのはマフィア側。
ジョン・ウィックはそれに報いただけ。言わば正当防衛です。
たった一人に対して、集団で追い込むやり方は異常としか言いようがありません。
頭のおかしい奴らです。

逃げるジョン・ウィック

ラストの逃げるシーンを見ていて、バットマン「ダークナイト」を思い出しました。
全くシチュエーションは違いますが、不合理である事は共通しています。
どちらも逃げる姿は切ないです。

誓印とは?

契約者は誓印の持ち主の依頼を一度だけ受けなければいけない
誓印を交わした相手を殺してはいけない
誓印は、血の捺印を押す

主席連合とは?

世界中の裏社会を支配する組織。

12の代表からなり、カモッラ、コーサ・ノストラ、ンドランゲタ、チャイニーズ・マフィア、ロシアン・マフィアなどがある
コンチネンタル・ホテルもその支配下にある

ガン・フー

銃+カンフーの意味の造語で、銃を使うカンフーアクション。
ブルース・リーやジャッキー・チェンなどの香港スターを思い出させるアクションです。

鉛筆アクション

ジョン・ウィックには「鉛筆で3人の男を殺した」と言う伝説があります。
今回、追ってくる殺し屋を鉛筆で殺しました。
一人は耳に、一人は延髄に鉛筆を刺して殺したのです。

スポンサーリンク

ジョン・ウィックの殺した人数(キル・カウント)

まるでシューティングゲームのように人を殺して行くジョン・ウィックですが、何人殺したのか気になる所です。
1で84人、チャプター2で128人合わせて、212人殺しています。

ブルース・リーへのオマージュ

美術館で鏡に囲まれた部屋で戦うシーンは、ブルース・リー「燃えよドラゴン」のオマージュですね。
監督が認めています。

サウンドトラック

スポンサーリンク

作品

スタッフ・キャスト

監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド
原作 キャラクター創造 デレク・コルスタッド
製作 ベイジル・イヴァニク エリカ・リー
製作総指揮 ジェフ・ワックスマン ロバート・ベルナッキ デヴィッド・リーチ ケヴィン・フレイクス ヴィシャル・ルングタ
出演者 キアヌ・リーブス コモン ローレンス・フィッシュバーン リッカルド・スカマルチョ ルビー・ローズ ジョン・レグイザモ イアン・マクシェーン
音楽 タイラー・ベイツ ジョエル・J・リチャード
撮影 ダン・ローストセン
編集 エヴァン・シフ
製作会社 ライオンズゲート サンダー・ロード・ピクチャーズ(英語版) 87イレブン・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国 サミット・エンターテインメント 日本 ポニーキャニオン
公開 アメリカ合衆国 2017年2月10日 日本 2017年7月7日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語

合わせて読みたい

ジョン・ウィック シリーズ

キアヌ・リーブス 主演映画

コメント

タイトルとURLをコピーしました