この世界の片隅に(2016年)

映画 この世界の片隅に○ドラマ
この記事は約4分で読めます。

この世界の片隅に(2016年)

この世界の片隅に(2016年)

あらすじ (ネタバレ)

 昭和13年広島の街。すずは絵の得意な少女。おっとりした性格でおっちょこちょいで失敗ばかり。
広島の海の絵を描いて見せました。その海には白いウサギがたくさん飛んでいます。

ある日呉の街へお嫁に行くことになりました。何処かで鈴を見初めたらしいのです。旦那の姉が娘晴美を連れて呉の実家に帰ってきたのですが、すずは旦那の姉にいびられてしまいます。それも頭にハゲが出来るほどです。

 旦那とすずは余所余所しくも、少しずつ溶け込んでいきました。
空襲で防空壕で二人が口づけをするのですががなんだか微笑ましいです。

毎日が何やら騒がしく楽しいのです。
すずと晴美の会話。すずのおっちょこちょいな失敗。
戦争の事など忘れてしまうくらいでした。

 スクリーンに日付が映し出されます。僕たちは、戦争が激しくなっていくことを知っています。

 昭和20年呉への空襲が激しくなっていきました。
空襲の後すずと晴美が二人で歩いている時、不発弾が爆発します。

それで晴美は命を失い、すずは右手を失ってしまうのです。

すずは「もし晴美を左手で手を繋いでいたら」「もし晴美を連れて駆け出していたら」と自分を責めます。

娘の晴美を失った径子はすずに怒りをぶつけます。

 昭和20年8月空が明るく光る。広島で新型爆弾が落とされました。

8月15日日本は降伏します。
すずは「最後まで戦うんでなかったのか!」と怒り震えるのです。それまでのおっとりしたすずと違います。

まだ小さい少女が母親を失い、彷徨い歩いていました。
周作とすずはその少女を見つけ、家に連れて帰ります。

そしてまた周作とすずの家には笑顔が蘇りました。

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

 戦時中の広島・呉の様子が描かれています。戦時中で空襲があろうと、食べ物がなかろうとすずたちは元気よく生活しています。
すずたちが明るく楽しく振る舞うので見ていて楽しいのですが、戦争の結末を知っているだけに切なくなりました。

 空襲があり、原爆があり、人の死があり、たくさんの辛い出来事があります。
そんな悲しい背景があるのですが、この映画では、たくさんの笑いがあり、全体的に明るく、前向きな終わり方をします。
観た後で、気持ちを前向きにさせてくれます。

戦時中強く明るく生きたすず。
僕たちも強く明るく生きたい
と、そう思わせてくれる、後味のいい映画でした。

憲兵と笑い

すずが港をスケッチしていると憲兵に見つかり、スパイの疑いがあるだとか、怒鳴り散らすのですが、憲兵が去った後みんなで笑い出します。
どんな時でも笑いが絶えないのですね。

配給の残飯

戦後すぐに米兵からの食べ物の配給を受け取ると、それは米兵の食事の残飯でした。それも何かの蓋まで入っています。
腹立たしい所なのですが、それを美味しいと食べている姿が情けなくもあり、微笑ましくもあります。

座敷わらしとリン

 映画の始めの方で、屋根裏からボロボロの着物を着た座敷わらしが現れ、食べ残しのスイカを漁る。その後、すずが座敷わらしのために新しいスイカと着物を用意しました。

その座敷わらしが誰か、後になって分かります。遊郭で出会ったリンです。リンが「貧しくて人の食べた皮ばかり食べていたけど、一度、親切にして貰って赤いとこ食べたね」と言っていましたね。

エンドロールの描かれるリンの人生

 エンドロールで、物語の続きを絵で見せてくれる。孤児の少女と家族の様子が微笑ましい。

リンが座敷わらしからすずと出会うまでのストーリーが絵で見せてくれますが、切なくなりました。
リンは貧しい家の娘で女中として売られるですが、虐められて逃げ出します。逃げた先がすずの叔母の家なので、食べ残しのスイカを食べているのがリンです。
リンはその後遊郭で働く事になります。
その遊郭も空襲で焼けてしまうのですが、僕はリンは逃げて幸せになっていると信じたいです。

すず、すみ、けいこ、晴美、りん・・・素敵な女性の物語でした。
彼女らは女子力高めの女の子たちです

サウンドトラック

コトリンゴ  -「 悲しくてやりきれない 」

コトリンゴ  -「みぎてのうた」

コトリンゴ  -「たんぽぽ」

作品

この世界の(さらにいくつもの)片隅に(2019年)

この世界の片隅に【TBSオンデマンド】(2018年)実写ドラマ

原作の漫画

スタッフ

監督 片渕須直

脚本 片渕須直

原作 こうの史代『この世界の片隅に』

出演者 のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓 澁谷天外(特別出演)

音楽 コトリンゴ

主題歌 コトリンゴ「みぎてのうた」

合わせて読みたい

○ドラマ◎映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sarahをフォローする
スポンサーリンク
〜 祈りログ 神社仏閣・御朱印・映画 〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました