蓬莱山 清荒神清澄寺(兵庫県宝塚市)

神仏霊場巡拝の道 清荒神清澄寺 御朱印○基本情報
この記事は約4分で読めます。

蓬莱山 清荒神清澄寺(兵庫県宝塚市)の基本情報

清荒神清澄寺 山門

清荒神清澄寺きよしこうじんせいちょうじの基本情報(本尊、宗派、開基、霊場、縁起、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

清荒神清澄寺の本尊

大日如来だいにちにょらい(重要文化財)

大日如来は宇宙の真理を現し、宇宙そのもので、釈迦如来しゃかにょらいをはじめ全ての仏は大日如来の化身。特に不動明王は大日如来の教令輪身きょうりょうりんしんと呼ばれる化身。如来には珍しく宝石を身に付けている。

イラストでわかる 日本の仏さま (中経の文庫) | 日本の仏研究会 | 歴史・地理 | Kindleストア | Amazon
Amazonで日本の仏研究会のイラストでわかる 日本の仏さま (中経の文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

清荒神清澄寺の宗派

真言三宝宗しんごんさんぽうしゅう

清荒神清澄寺の開基

開山 静観僧正じょうかんそうじょう
増命(843~927)のことで天台宗の僧侶。円仁から天台学、円珍から密教を学び、園城寺を経て第十代天台座主となる。「宇治拾遺物語」に登場する。

開基 宇多天皇うだてんのう(勅願)
第59代天皇。菅原道真を側近として親政を行い、遣唐使を中止するなどをした。譲位をして出家し、日本で初めての法皇となった。仁和寺にんなじで真言宗の阿闍梨あじゃりとなる。

清荒神清澄寺の御利益

 

清荒神清澄寺の霊場

  1. 真言宗十八本山 第3番
  2. 摂津国八十八箇所 第72番
  3. 神仏霊場巡拝の道 第79番
  4. 役行者霊蹟札所
  5. 西国七福神(布袋尊)
神と仏の道を歩く―神仏霊場巡拝の道公式ガイドブック (集英社新書 ビジュアル版 10V) | 神仏霊場会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで神仏霊場会の神と仏の道を歩く―神仏霊場巡拝の道公式ガイドブック (集英社新書 ビジュアル版 10V)。アマゾンならポイント還元本が多数。神仏霊場会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また神と仏の道を歩く―神仏霊場巡拝の道公式ガイドブック (集英社新書 ビジュアル版 10V)もアマゾン配送商品なら...
Amazon.co.jp
Bitly

清荒神清澄寺の縁起

清荒神清澄寺 鳥居 拝殿

○ 平安時代896年に、宇多天皇うだてんのうが勅願寺として、静観僧正により、旧清もときよしと呼ばれる山の尾根に大伽藍を造立させ清澄寺としました。鎮守の神様として、西の谷(現在地)に三宝荒神社も建立させました。

宇多天皇は、仁和寺を創建された事でも知られます。

江戸時代に清澄寺本堂が旧清から現在地に移築されました。

荒神信仰真言三宝宗の神仏習合から、「清荒神清澄寺きよしこうじんせいちょうじ」の名前で知られ、多くの参拝者からは、親しみを込めて「荒神さん」と呼ばれています。

清荒神清澄寺 荒神影向の榊

○ 荒神様がお姿を現されたと伝えられる「荒神影向こうじんようごうさかき」があります。この霊験の報告を受けた宇多天皇は、大変感銘され、「日本第一清荒神」の称号を下賜されました。

三宝荒神は、不浄や災難を除去する神とされることから、昔から火と竈の神として信仰されています。

スポンサーリンク

境内の様子

清荒神清澄寺 龍王滝 不動明王 清荒神清澄寺 龍王滝 清荒神清澄寺 龍王滝 清荒神清澄寺 鉄斎美術館別館 「史料館」 清荒神清澄寺 回廊 清荒神清澄寺 一願地蔵尊 立て札 清荒神清澄寺 一願地蔵尊 清荒神清澄寺 池苑 清荒神清澄寺 池苑 清荒神清澄寺 御朱印 清荒神清澄寺 本堂 清荒神清澄寺 宝稲荷社 清荒神清澄寺 宝稲荷社 清荒神清澄寺 火箸納所 清荒神清澄寺 火箸納所 清荒神清澄寺 荒神影向の榊 清荒神清澄寺 荒神影向の榊 清荒神清澄寺 荒神影向の榊 清荒神清澄寺 樹木 清荒神清澄寺 樹木 清荒神清澄寺 護法堂 清荒神清澄寺 拝殿 清荒神清澄寺 拝殿 護法堂 清荒神清澄寺 鳥居 拝殿 清荒神清澄寺 布袋尊 清荒神清澄寺 布袋尊 清荒神清澄寺 布袋尊 清荒神清澄寺 狛犬 清荒神清澄寺 狛犬 清荒神清澄寺 境内 狛犬 清荒神清澄寺 修行大師 清荒神清澄寺 修行大師 清荒神清澄寺 境内 清荒神清澄寺 沿革 清荒神清澄寺 境内図 清荒神清澄寺 境内 清荒神清澄寺 山門 清荒神清澄寺 参道 出店 清荒神清澄寺 参道 出店 清荒神清澄寺 参道 清荒神清澄寺 参道 案内図 清荒神 参道 清荒神清澄寺 有馬街道 鳥居

☝️クリックすると拡大表示されます

清荒神清澄寺の御朱印

神仏霊場巡拝の道 清荒神清澄寺 御朱印 真言宗十八本山 清荒神清澄寺 御朱印 西国七福神 中山寺 御朱印 色紙

(順に、神仏霊場巡拝の道、真言宗十八本山、西国七福神)

☝️クリックすると拡大表示されます

清荒神清澄寺の拝観時間

拝観時間 5:00 ~ 21:00(12月31日 21時~ 1月3日は除く)

清荒神清澄寺の入山料

○ 入山料 無料

スポンサーリンク

清荒神清澄寺への行き方(アクセス・地図)

電車

  1. 阪急「清荒神駅」から徒歩20分
  2. JRまたは阪急「宝塚駅」から定期路線バス(日曜日・祝日のみ運行)
    (片道)大人220円 / 小児110円 ※4月1日~9月30日は運休
    ・宝塚 → 清荒神清澄寺
    09:35 10:35 11:35 12:35 14:35 15:35
    ・清荒神清澄寺 → 宝塚
    10:05 11:05 12:05 14:05 15:05 16:05

自動車

  1. 中国自動車道「宝塚IC」から10分

清荒神清澄寺の駐車場

無料あり(380台)

清荒神清澄寺の所在地・連絡先

参拝レポート

公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました