ディズニー

スポンサーリンク
ディズニー

ライオン・キング (2019年)

1994年にアニメ版映画が公開され、今や、ミュージカルでも定番となったライオン・キング。 そのフルCG版が公開されました。 超実写版と呼ばれます。 それは、実写を超えると言われる程のクオリティなのです。 本物と見間違える程リアルで、アニメのように美しい映像です。 ディズニーらしい素晴らしい音楽も聴けます。
ディズニー

アラジン完結編/盗賊王の伝説(1996年)

アラジン完結編/盗賊王の伝説(アニメ)(1996年)を観ました。 結婚式を迎えるアラジン。アラジンは孤児で母は死に、父には会った事もありません。実は父は盗賊の王で、『最後の宝』を探しています。 アラジンの父は正義の人で、期待を裏切らない人でした。 三部作が完結しました。 あらすじ(ざっくり・詳しく)感想・考察。ネタバレ
ディズニー

アラジン/ジャファーの逆襲(1994年)

『アラジン/ジャファーの逆襲(1994年)』を観ました。アニメ版『アラジン』の続編です。今回の映画は「仲間」と言う事にポイントを置いています。ランプの精の魔力を持ったジャファーの悪党らしい汚さが酷いですね。あらすじ(ざっくり・詳しく)、感想・考察。ネタバレ。
ディズニー

アラジン(1992年)

アラジン(1992年)を観ました。アニメ版です。実写版も観たのですが、良い物語ですね。アラジンは貧しい泥棒、ジャスミンは王女様。身分の違いを乗り越えて結ばれる。恋で大切な事は正直に言う事。もし今恋をしている人がいるなら、オススメの映画だと思います。あらすじ(ざっくり・詳しく)。感想・考察。ネタバレ。
ディズニー

塔の上のラプンツェル (2010年)

『塔の上のラプンツェル(2010年)』を観ました。魔法の金色の髪を持つラプンツェルは、生まれて初めて塔の上から出て冒険をする話です。ラプンツェルの明るい性格が魅力的です。酷い暴力もない安心感がありました。最後にはしっかり涙を流しました。最後まで楽しむ事が出来ます。あらすじ(ざっくり・詳しく)、感想・考察。ネタバレ。
ディズニー

美女と野獣(1991年)

『美女と野獣(1991年)』を観ました。アニメ版です。古い映画で有名な話ですが、感動の映画でした。魔法の呪いは、野獣が愛し、愛されることでしか解くことが出来ません。本当の愛とは何かを学ぶことが出来ました。あらすじ(ざっくり・詳しく)、感想・考察。ネタバレ。
ディズニー

アナと雪の女王2(2019年)

『アナと雪の女王2』を観ました。何故、エルザに力が与えられたのか。その謎に迫る作品です。必要があって力が与えれた事が分かります。ディズニーらしい美しい映像と音楽で、最後まで飽きさせないストーリーでした。あらすじ(ざっくり・詳しく)、感想・考察。ネタバレ。
ディズニー

アナと雪の女王 (2014年)

『アナと雪の女王(2014年)』を観ました。さすがディズニーと言う作品ですね、美しい映像・音楽。引き込まれるストーリ。素晴らしいです。”真実の愛”を手に入れたくなりました。あらすじ(ざっくり、詳しく)・感想・考察。ネタバレ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました