MCU

MCUMCU
スポンサーリンク
MCU

アントマン(2015年)

元窃盗犯のスコットがハンク博士が開発したスーツの力で小さくなり、アリのリーダーとなって戦うヒーロー。 彼が戦うのは世界の為ではなく最愛の娘の為と言う、異色も異色と言うヒーローです。 そんな彼に感情移入してしまいました。 また小さくなったり大きくなったりして戦うアクションは見ものです。 この見せ方はとても上手いです。
MCU

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年)

トニーの開発した人工知能ウルトロンが暴走し、人類を破滅に導こうとする。 それを阻止しようとするアバンジャーズ。 6人のアクションが最初から最後まで光ります。 ウォーっと声を上げたくなる程、楽しめるアクション満載です。 ナターシャとバナーの恋が描かれ、切ないです。 二人の様子がぎこちなくて・・・ 不器用なんですね。
MCU

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年)

これまでのMCUと違った雰囲気の作品。 最初は戸惑うが、テンポの良い展開に引き込まれました。 インフィニティ・ストーンの秘密が明かされ、あのサノスが登場する。 必見の映画。 何と言っても懐かしのあの日本製品が大活躍。 そしてナイスなオーディイズが沢山流れてハッピーです。
スポンサーリンク
MCU

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年)

アベンジャーズの続きで、『キャプテン・アメリカ/アベンジャー』の続編。 アベンジャーズの中心となるシールズに異変が起こります。 ヒドラの残党との戦い。 破壊に次ぐ破壊。 大胆なストーリーに驚きます。 キャプテン・アメリカの盾を武器とするアクションが見ていて気持ちいいですね。
MCU

マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013年)

マイティ・ソー の2作目 ダークエルフのマレキスがエーテルを使って世界を闇に変えようと企みます。 殺された母親の復讐の為に、あのロキとソーが一緒に戦うのです。 これだけでも驚きですが、ラストで更に驚かされました。 皆さん、よく見てください。
MCU

アイアンマン3(2013年)

アイアンマンの完結編 今までと違いシリアスなストーリーでした アベンジャーズ での戦いでPTSDとなり不眠症とパニックで苦しむトニー・スターク。 恐怖で眠れずパワードスーツ を開発。 アイアンマンのアクションは最高でした。 最後が少し切なかったです。
MCU

アベンジャーズ(2012年)

アベンジャーズのヒーロー達 アイアンマン、ハルク、ソー、キャプテン・アメリカ、ホークアイ、ブラック・ウィドー が結集し、ロキが率いるチタウリと戦う。 これまで観て来たヒーロー達の活躍に気持ちが昂りました。 それぞれのヒーローが、見せてくれます。
MCU

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャ(2011年)

[yago from=""]
MCU

マイティ・ソー(2011年)

神々の国アスガルドから追放され力を奪われたソーが、人間と恋をし成長していきます。 対してソーを妬む弟のロキ。 神々の世界を舞台とする壮大な物語です。 あらすじ・感想・考察。ネタバレ
MCU

アイアンマン2(2010年)

アイアンマンの第2作目。 前回パワードスーツを装着し、テロリストを撃退したアイアンマンつまりトニー・スターク。 リアクターから出される毒に体が蝕まれる。そんなトニーを狙う男イワンがいた。 父からのメッセージで救われたトニーがイワンと戦う。 あらすじ、感想・考察。ネタバレ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました