熊野本宮大社(和歌山県田辺市)

神仏霊場巡拝の道 熊野本宮大社 御朱印○基本情報
この記事は約4分で読めます。

熊野本宮大社(和歌山県田辺市)の基本情報

熊野本宮大社 拝殿 熊野本宮観光協会HP
引用元:熊野本宮観光協会公式ホームページ

熊野本宮大社くまのほんぐうたいしゃの基本情報(御祭神、御利益、霊場、由緒、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

熊野本宮大社の御祭神

主祭神 家都美御子大神けつみみこのかみ(スサノオノミコト)

・熊野十二所権現

社殿祭神名本地仏
上四社第一殿三所権現両所権現西御前(結宮)伊邪那美大神
(夫須美大神)
千手観音熊野十二所権現
第二殿中御前(速玉宮)伊邪那岐大神
(速玉大神)
薬師如来
第三殿証誠権現証誠殿家津御子大神
(素戔嗚尊)
阿弥陀如来
第四殿五所王子若宮(若一王子)天照大神十一面観音
中四社第五殿禅児宮忍穂耳命地蔵菩薩
第六殿聖宮瓊々杵尊命龍樹菩薩
第七殿児(ちごの)宮彦穂々出見尊如意輪観音
第八殿子守宮鵜葦屋葦不合命聖観音
下四社第九殿四所明神一万宮十万宮軻遇突智命文殊菩薩・普賢菩薩
第十殿米持金剛埴山姫命毘沙門天
第十一殿飛行夜叉彌都波能賣命不動明王
第十二殿勧請十五所稚産霊命釈迦如来

熊野本宮大社の御利益

 

熊野本宮大社の霊場

神仏霊場巡拝の道 第4番(和歌山第4番)

スポンサーリンク

熊野本宮大社の由緒

○ 天火明命あめのほあかりのみことは、古代、熊野の地を治めた熊野国造家の祖神です。天火明命の息子である高倉下たかくらじは神武東征に際し、熊野で初代神武天皇じんむてんのうに天剣「布都御魂ふつのみたま」 (石上神宮に御神体として祀られています)を献じてお迎えしました。
時を併せて高御産巣日神たかみむすひのかみは天より八咫烏やたがらすを遣わし、神武天皇を大和の橿原まで導かれました。

○ 第十代崇神天皇の御代、旧社地大斎原おおゆのはらいちいの巨木に、三体の月が降臨しました。天火明命の孫に当たる熊野連くまののむらじは、これを不思議に思い「天高くにあるはずの月が、どうしてこのような低いところに降りてこられたのですか」と尋ねました。

すると真ん中にある月が「我は證誠しょうせい大権現(家都美御子けつみみこ大神素戔嗚尊すさのおのみこと)であり、両側の月は両所権現(熊野夫須美大神・速玉之男大神)である。社殿を創って齋き祀れ」とお答えになりました。
この神勅により、熊野本宮大社の社殿が大斎原に創建されたと云われています。

○ 熊野本宮大社の主祭神の家都美御子けつみみこ大神の本地仏は阿弥陀如来。平安時代中期、ここは阿弥陀浄土とされ、極楽往生を願って天皇・貴族たちが相次いで参詣しました。

○ 鎌倉時代には時宗の開祖である一遍上人が参篭し、阿弥陀如来を感得したと言われます。のちに時宗の発展と共に熊野信仰の全国的な流布に繋がりました。

スポンサーリンク

境内の様子

 

☝️クリックすると拡大表示されます

熊野本宮大社の御朱印

神仏霊場巡拝の道 熊野本宮大社 御朱印

☝️クリックすると拡大表示されます

熊野本宮大社の拝観時間

8:00~17:00

熊野本宮大社の拝観料

無料

スポンサーリンク

熊野本宮大社への行き方(アクセス・地図)

電車

  1. JR「紀伊田辺駅」からバス2時間11分「本宮大社前」下車、徒歩5分
  2. JR「新宮駅」からバス1時間17分「本宮大社前」下車、徒歩5分

自動車

  1. 紀勢自動車道「上富田IC」から1時間4分
  2. 奈良県大和高田市から国道24号線、五條市を経由して国道168号線を南下

熊野本宮大社の駐車場

無料あり

熊野本宮大社の所在地・連絡先

スポンサーリンク

参拝レポート

公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました