常谷寺(奈良県高市郡明日香村)

常谷寺 奈良県基本情報
この記事は約2分で読めます。

常谷寺(奈良県高市郡明日香村)の基本情報

常谷寺じょうこくじの基本情報(本尊、宗派、開基、霊場、縁起、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

常谷寺の本尊

阿弥陀如来

常谷寺の宗派

 

常谷寺の開基

法然上人

常谷寺の御利益

 

常谷寺の霊場

 

常谷寺の縁起

○ 建久二年(1191)三月に、浄土宗を開かれた法然ほうねん上人59歳の折、飛鳥の里を訪ねられ、現在当寺の存在する地で三日間滞在され、聖徳太子しょうとくたいし誕生所である橘寺たちばなでらにも参詣された。そして記念のために草庵を結び置かれたが、後世世俗がその大徳を仰ぎ慕って堂宇を建立した。その後慶長五年(1600)、寛永七年(1630)、文化十二年(1815)の再建を経る。

○  京都の清滝月輪寺つきのわのでらに移る以前の円光大師(法然上人)25霊場の第18番霊場であったことを証す「月かげの歌」の扁額が当寺に残されている。

境内の様子

常谷寺 奈良県

☝️クリックすると拡大表示されます

常谷寺の御朱印

 

スポンサーリンク

常谷寺の拝観時間

 

常谷寺の入山料

 

常谷寺への行き方(アクセス・地図)

電車

  1. 近鉄「橿原神宮前駅」からバス18分「岡戎前」または「岡寺前」下車、徒歩5分
  2. 近鉄「飛鳥駅」からバス15分「島庄」または「岡寺前」下車、徒歩5分
  3. 近鉄「岡寺駅」から徒歩40分

自動車

  1. 南阪奈道路 葛城ICから20分
  2. 西名阪自動車道 郡山ICから35分

常谷寺の駐車場

 

常谷寺の所在地・連絡先

基本情報 神社仏閣巡り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sarahをフォローする
スポンサーリンク
祈りログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました