スポンサーリンク

アップルシード (2004年)

アップルシードアクション
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

アップルシード (2004年)

スポンサーリンク

アップルシード (2004年)

あらすじ (ネタバレ)

廃墟となった世界

世界は非核戦争によって壊滅的状態に陥っていた。廃墟となった街で、デュナン・ナッツは追っ手に終われ、捕まった。デュナンは伝説となっている女戦士だ。

バイオロイド

デュナンがヒトミ達に連れて来られたのは、ユートピア・オリュンポスだった。オリュンポスの街は、ガイアによって管理されている。オリュンポスの人々の半数はギリアン博士によって開発されたクローンのバイオロイドだ。バイオロイドは、生殖機能を抑制されている。人間は争ってばかりだが、バイオロイドは争ったりしない。バイオロイドは人間の緩衝材の役割を担っている。アテナ・アレイアスとヒトミもバイオロイドだった。

デュナンとプリアレオス・ヘカトンケイレスは一緒に、クーデターを起こそうとするテロリストと戦う。プリアレオスはデュナンの元恋人で、戦争の為に体のほとんどを失っている。見た目はロボットかバケモノのようだ。

アップルシード

七賢老は、ガイアがバイオロイドを活性化させ生殖機能を復活させる事を決定したと言う。そして、バイオロイドを新人類に進化させると言う。デュナンは調査のため、海上の研究所に向かう。研究所に行くと、デュナンにとって衝撃的な事実がわかった。バイオロイドを開発したギリアン博士はデュナンの母親だった。ギリアン博士は、バイオロイドの基礎データの入ったアップルシードを幼いデュナンに渡し、アテネに渡すまで守るように託す。追っ手に追われて死んでしまう。

デュアンはアテナに会い、七賢老達が、自分の母を殺したのだと気づく。七賢老達はガイアを停止させ、ウィルスを使って人類を滅亡させ、代わりにバイロロイドに支配させようと企んでいたのだ。

人類を救え

デュナンとプリアレオスは、人類滅亡を阻止する為に戦いに出る

スポンサーリンク

感想・考察 (ネタバレ)

テンポの良いストーリー

フルCGの中では古い作品で、まだまだCGの技術が未熟で映像がぎこちない。最初は、かなりの違和感を持って観ていました。でも、ストーリーのテンポが良くて、どんどんと映画の世界に吸い込まれていきました。最初の銃撃戦も迫力があり、キャラクターの動きにも重みがありました。映像効果も良かったと思います。

クローン人間

世界大戦の末地球が廃墟となる中、人間を存続させる為にクローンを開発し利用するといった設定は、如何にも人間がやりそうな事で、現実感がありました。いつかはクローン人間が開発されるのでしょうね。

若い力

七賢老が物凄く人の良さそうな感じで描きながら、実は、人間を滅ぼそうと考えていてたとは、思いも寄らない展開でした。若い人間はどんな苦しい世界でも必ず克服出来るはずだと信じる力があるものだと思いますが、歳を取ると諦めやすくなるものでしょう。やはり、若い人間が、いつの時代でも大事だと思います。

迫力あるアクションシーン

アクション映画では、ありがちかも知れませんが、ビルの上から飛び降り戦いに出るシーンはカッコいいですね。兎に角、この映画はアクションシーンがカッコよかったです。

作品

スタッフ・出演

声の出演

デュナン小林愛 ブリアレオス小杉十郎太 ヒトミ松岡由貴 ウラノス将軍藤本譲 ハデス子安武人 アテナ小山茉美 ニケ山田美穂 義経森川智之 七賢老仲木隆司、松岡文雄、永田博丈、桑垣紀彦、金子由之、西川幾雄、小山武宏

小林愛 小杉十郎太 松岡由貴 藤本譲 子安武人 小山茉美 山田美穂 森川智之 仲木隆司 松岡文雄 永田博丈 桑垣紀彦 金子由之 西川幾雄 小山武宏

スタッフ

原作 士郎正宗

プロデュース曽利文彦

監督荒牧伸志

脚本半田はるか、上代務

絵コンテ秋山勝仁、九市、吉田英俊、荒巻伸志

製作アップルシード・パートナーズ(ミコット・エンド・バサラ、TBS、ジェネオン・エンタテインメント、やまと、東宝、TYO、デジタル・フロンティア、MBS

配給東宝 

2004

 

関連

『アップルシード』続編

士郎正宗 原作

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました