新那智山 今熊野観音寺(京都府京都市)

西国三十三所 今熊野観音寺 御朱印基本情報
西国三十三所 今熊野観音寺
この記事は約3分で読めます。

新那智山 今熊野観音寺(京都府京都市)の基本情報

 

今熊野観音寺いまくまのかんのんじの基本情報(本尊、宗派、開基、霊場、縁起、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

今熊野観音寺の本尊

十一面観音菩薩じゅういちめんかんのんぼさつ

今熊野観音寺の宗派

真言宗泉涌寺派しんごんしゅう せんにゅうじは

今熊野観音寺の開基

弘法大師こうぼうだいし

今熊野観音寺の御利益

 

今熊野観音寺の霊場

  1. 西国三十三所 第15番
  2. 神仏霊場巡拝の道 第122番(京都42番)
  3. ぼけ封じ近畿十楽観音霊場 第1番
  4. 洛陽三十三所観音霊場 第19番
  5. 泉山七福神巡り 第3番(恵比寿)

今熊野観音寺の縁起

○ 平安時代、弘法大師こうぼうだいしが東山の山中に光明がさし、不思議に思われてその方へ行くと、白髪の翁から十一面観音じゅういちめんかんのんを与えられ、「この地は観音ゆかりの地、この観音像を祀って末世の衆生を救いなさい」と言われました。弘法大師が尋ねると、翁は自分は熊野権現くまのごんげんだと名乗りました。
弘法大師はこのことを嵯峨天皇さがてんのうに奏上し、寺を建立し大師自作の十一面観音を祀りました。これが寺の始まりと言われています。
しかし、応仁の乱で全山を消失してしましました。

○ 平安時代の1160年、熊野信仰に熱心だった後白河法皇ごしらかわほうおうが、山麓に熊野権現を勧請して新那智山とし、今熊野観音と名付けました。

○ 今熊野観音寺は泉涌寺せんにゅうじの山内にあります。泉涌寺は古くから皇室の菩提所として「みてら」と呼ばれ、四条天皇以来15代にわたる天皇・皇后・親王の陵があり、全山御陵となっています。
また、楊貴妃観音ようきひかんのんと言われる異国的な聖観音がある事で知られています。

○ 泉涌寺では毎年成人の日に「泉山七福神せんざんしちふくじんめぐり」が行われ、今熊野観音寺の恵比寿神を含めた七福神と番外の愛染明王と楊貴妃観音を加えた九福神を巡拝します。

スポンサーリンク

境内の様子

西国三十三所 今熊野観音寺 御詠歌 西国三十三所 今熊野観音寺 散華

☝️クリックすると拡大表示されます

今熊野観音寺の御朱印

西国三十三所 今熊野観音寺 御朱印 神仏霊場巡拝の道 今熊野観音寺 御朱印泉山七福神めぐり 色紙 御朱印 泉涌寺 今熊野観音寺 戒光寺 新善光寺 

(順に、西国三十三所、神仏霊場巡拝の道、泉山七福神めぐり)

☝️クリックすると拡大表示されます

スポンサーリンク

今熊野観音寺の拝観時間

8:00〜17:00

今熊野観音寺の入山料

○ 入山料 無料

今熊野観音寺への行き方(アクセス・地図)

電車

  1. JR・京阪電車「東福寺駅」から徒歩15分

自動車

  1. 名神高速道路 京都南I.Cから15
  2. 名神高速道路 京都東I.Cから17分

今熊野観音寺の駐車場

有料あり 10台

今熊野観音寺の所在地・連絡先

コメント

タイトルとURLをコピーしました