スポンサーリンク

熊野街道信達宿ふじまつり(2019年)

観光
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

熊野街道信達宿ふじまつり(2019年)

フジの花が満開になる頃、熊野街道信達宿の「ふじまつり」に行って来ました。

昨年、大阪市福島区野田の野田藤を見て来ました。福島区野田が野田藤の発祥の地です。そこで野田の歴史を説明して頂きました。大阪泉南市信達のフジが綺麗だと話をされていました。

 

スポンサーリンク

熊野街道信達宿ふじまつり(2019年)

野田藤

駅の方から熊野街道を歩いていくと、フジの花が咲いているのが見えました。街道までフジの花がはみ出しています。

梶本さんの庭が藤まつりの会場なんです。

中に入ると藤棚が有り、上を見上げると満開のフジが咲き誇っています。

フジの甘い香りが漂っています。

花見に来ている人はみんな笑顔です。

音楽が演奏されていました。フジの甘い香りに包まれながら心地よい気分になりました。

藤棚を上から見るとができるんです。

階段が有り、登れます。

階段の上に上がると、フジの花が一面に広がっています。

フジの雲海です。

雲の上にいるような気分でした。

この一本の木が花房をつけたものです。四万の花房があると言われてます。

梶本昌弘さんが三十年ほど前から丹精込めて育てられました。

今では、毎年4月下旬にこうして、ふじまつりが開催され、たくさんの人が来られます。

善哉が売られていたので食べました。

フジの花を見ながら食べる善哉は美味しいです。花より団子、と言うわけでは有りません。

信達宿本陣跡

熊野街道に沿って5分ほど歩くと信達宿本陣跡が有ります。

江戸時代、参勤交代の時紀州徳川家が泊まった所です。参勤交代の際、1日目にここに紀州藩は泊まりました。総勢1500人。大所帯です。

八代将軍徳川吉宗も泊まったようです。恐れ多いですね。

中に入ると、様々なものが展示されています。ボランティアで観光案内をしている方が丁寧に説明せいてくれます。いくつか質問をしましたが、丁寧に答えてくれました。

勝海舟が書いた額が有りました。「暢神」と書いてあります。「ちょうしん」と読みます。「伸びやかな、ゆったりした心」という意味です。明治維新という動乱期にこの言葉を選んだんです。

僕なんかは、頭も心もガチガチで、つい焦ってばかりです。「暢神」を大切にしたいと思います。

観光案内されている方がほとんどつきっきりで説明してくれたので良かったです。

来て良かったと思いました。

案内をしてくれた方、ありがとうございました。

 

サザンビーチ

泉南市は海水浴場があり、サザンビーチと言います。

大阪にお住み方なら、一度は来た事があるのではないでしょうか。

夏には花火の会場になります。

近くにイオンモールがあり便利です。

なんとなく載せてしまいました。。。

アクセス

〒590-0522 泉南市信達牧野1338

R阪和線「和泉砂川駅」徒歩8分

 

関連

泉南市関連

観光
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sarahをフォローする
スポンサーリンク
祈りログ

コメント

  1. […] 市杵島姫命(イチキシメヒメノミコト) 由緒 …inorilog.com2019.07.20 熊野街道信達宿ふじまつり 4月14日熊野街道信達宿ふじまつり フジの… 御朱印神社仏閣 寺御朱印神社西国三十三所 シェアする Twitter Facebook […]

  2. […] […]

  3. […] 熊野街道信達宿ふじまつり2019年「熊野街道信達宿ふじまつり」に行ってきました。1本の野田藤が房をつけて見事にフジが咲き誇っています。「信達宿本陣跡」で歴史の話を聞くことが […]

タイトルとURLをコピーしました