スポンサーリンク

岸城神社

神社
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

岸城神社

スポンサーリンク

岸城神社

御祭神

天照皇大神(アマテラスオオミカミ)

素戔嗚尊(スサノオノミコト)

品陀別命(ホンダワケノミコト)

御利益

厄除、除災招福、縁結び

由緒

岸和田城の鎮守神社

岸城神社の境内地は当時の岸和田城主、小出秀政によって
隣邑に鎮座していた牛頭天王と、岸和田城築造以前に当地で祀られていた
天照大神八幡神が併せられ成立しました。

その後、天照大神は、天照太神小社として別の境内(後の神明門付近)に祀られ、
牛頭天王と八幡神とは同境内に祀られて御宮と呼ばれておりました。
また同境内には宮寺・日光寺が置かれていました。

しかし慶応四年に出された神仏判然令に伴い、宮寺・日光寺は廃寺となり、
牛頭天王社と八幡社を合祀し、岸城神社と改称されました。
この頃、それまで神明門にあった神明社は岸城神社境内へと移され、現在に至ります。

千亀利の由来

「ちきり」とは、機(はた)のたて糸をまく器具のことで、
岸和田城の本丸と二の丸を重ねた形が「ちきり」に似ているところから、
かつて「千亀利ちぎり」と人々の間で呼ばれ、親しまれておりました。
その千亀利城の鎮守神であった岸城神社が「千亀利のお宮」と呼ばれるようになり、
恋愛・結婚はもちろん、幅広くご縁を結ぶ神様として信仰されるようになりました。

(ホームページから)

境内案内

本殿

神楽殿

絵馬殿

神宮崇拝所

稲荷神社

倉稲魂神(稲荷神社)

七間神社

  • 上筒之男命・中筒之男命・底筒之男命・息長帯姫命(住吉大社)
  • 手力男命・大物主命・天神地祇・大国主神・八重事代主命(琴平神社)
  • 建御雷命・布都主命・天児屋根命・比咩大神(春日神社 )
  • 菅原道真公(菅原神社 )
  • 大山咋神(日吉神社)
  • 迦具土神(愛宕神社 )
  • 市寸島姫命(厳島神社 )

岸和田戎殿

蛭子神・事代主神(岸和田戎神社)

狛犬

 

珍しい備前焼の狛犬

 

御朱印

アクセス

〒596-0073 大阪府岸和田市岸城町11-30
Tel: 072-422-0686

南海本線「蛸地蔵駅」から徒歩5分
南海本線「岸和田駅」より徒歩8分

 

関連

公式ホームページ

 

コメント

  1. […] 岸城神社『岸城神社』御祭神・御利益・由緒・境内案内・アクセスinorilog.c… 神社仏閣祭り観光 大阪神社祭り観光 シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー sarahをフォローする sarah 祈りログ […]

タイトルとURLをコピーしました