石清水八幡宮(京都府八幡市)

石清水八幡宮 初詣 南総門基本情報
この記事は約3分で読めます。

石清水八幡宮(京都府八幡市)の基本情報

石清水八幡宮 初詣 本殿 拝殿

石清水八幡宮いわしみずはちまんぐうの基本情報(御祭神、御利益、霊場、由緒、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

石清水八幡宮の御祭神

中御前応神天皇おうじんてんのう(第15代)
誉田別尊ほんだわけのみこと
西御前比咩大神ひめおおかみ
多紀理毘賣命たぎりびめのみこと市寸島姫命いちきしまひめのみこと多岐津比賣命たぎつひめのみこと
東御前神功皇后じんぐうこうごう
息長帯比賣命おきながたらしひめのみこと)

石清水八幡宮の御利益

国家鎮護・厄除開運・必勝・弓矢の神

石清水八幡宮の霊場

神仏霊場礼拝の道

石清水八幡宮の由緒

○平安時代始めの859年、南都大安寺の僧・行教和尚宇佐八幡宮にこもり日夜熱祷を捧げ、八幡大神様の「吾れ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」との御託宣ごたくせんこうむり、男山の峯に御神霊を御奉安申し上げたのが始まりです。

そして朝廷は、社殿を造営し、御遷座されました。

○939年に起こった平将門・藤原純友の乱の折には、朝廷よりご請願があり八幡大神様の御神威をもって速やかに平定されて以来、国家鎮護の社として皇室の御崇敬は益々厚いものとなり、天皇の行幸や上皇の御幸は、実に240余度にも及び、伊勢の神宮に次ぐ第二の宗廟とも称されました。

○明治の初めには官幣大社に列せられ、「男山八幡宮」と改称されましたが、「石清水」の社号は創建以来の由緒深い社号であるため、大正7年には再び「石清水八幡宮」と改称され現在に至ります。

スポンサーリンク

境内の様子

石清水八幡宮 初詣 南総門 石清水八幡宮 初詣 拝殿 本殿 石清水八幡宮 初詣 神楽 石清水八幡宮 初詣 本殿 拝殿 石清水八幡宮 本殿 拝殿  石清水八幡宮 初詣 初日の出 石清水八幡宮 初詣 初日の出 石清水八幡宮 初詣 本殿 拝殿 石清水八幡宮 初詣 ケーブルカー

☝️クリックすると拡大表示されます

石清水八幡宮の御朱印

 

石清水八幡宮の拝観時間

開閉門時間
1月1日~1月19日不定期(1月1日は午前0時から)
1月20日~3月31日6時30分~18時
4月1日~9月30日5時30分~18時30分
10月1日~10月31日6時~18時
11月1日~12月30日6時30分~18時
12月31日6時30分~23時

石清水八幡宮の拝観料

無料

石清水八幡宮への行き方(アクセス・地図)

電車

  1. 京阪「石清水八幡宮駅」からケーブル3分、徒歩1分
  2. 京阪「石清水八幡宮駅」から徒歩25分

自動車

  1. 【京都・名古屋方面より】京滋バイパス 久御山淀 I.Cから12分
  2. 【神戸・大阪方面より】名神高速 大山崎ICから17分

石清水八幡宮の駐車場

普通車終日(午前8時30分~16時)500円
大型バス終日(午前8時30分~16時)1,000円

※正月期間(1月1日~2月3日)料金変動あり
※正月3ヶ日の交通規制および祭典行事にて使用のため利用できない場合がございます

石清水八幡宮の所在地・連絡先

コメント

タイトルとURLをコピーしました