一乗寺(兵庫県加西市)

一乗寺 西国三十三所 石段基本情報
この記事は約3分で読めます。

一乗寺(兵庫県加西市)の基本情報

一乗寺 西国三十三所 本堂 金堂

一乗寺いちじょうじの基本情報(本尊、宗派、開基、霊場、縁起、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

一乗寺の本尊

聖観世音菩薩しょうかんぜおんぼさつ

一乗寺の宗派

天台宗

一乗寺の開基

法道ほうどう仙人

一乗寺の御利益

 

一乗寺の霊場

  1. 西国三十三所 第26番
  2. 播磨西国三十三箇所 第33番
  3. 神仏霊場巡拝の道 第77番

一乗寺の縁起

およそ1800年前、インドから日本に渡って来た帰化僧の法道ほうどう仙人は、飛行自在の能力と限り無い寿命を得ていたの言われます。仙人は、蓮華の形をした霊峰を見つけ、この地にとどまり、鉄鉢を遠くに飛ばして米や金を集める「飛鉢の法」で、多くの民衆を救済しました。

そんな仙人の法力は都にも伝わり、仙人は宮中に呼ばれ、孝徳天皇こうとくてんのうの病気を治す祈祷をした所、たちまち病気は平癒したので、その功績として大化5年(649年)金堂を建立し、「一乗寺いちじょうじ」の額を授けました。

そして、法道仙人は聖観世音菩薩しょうかんぜおんぼさつを安置して本尊としました。

その後、行基ぎょうき菩薩弘法大師こうぼうだいし空海くうかいらが一乗寺に来られました。

境内の様子

一乗寺 入り口 一乗寺 入り口 一乗寺 西国三十三所 猫 一乗寺 西国三十三所 石段 一乗寺 西国三十三所 石段 一乗寺 西国三十三所 石段 一乗寺 西国三十三所 境内 一乗寺 常行堂 一乗寺 西国三十三所 地蔵菩薩 一乗寺 西国三十三所 常行堂 一乗寺 石段 一乗寺 西国三十三所 境内 一乗寺 西国三十三所 三重塔 一乗寺 西国三十三所 三重塔 一乗寺 石段 一乗寺 西国三十三所 三重塔 一乗寺 西国三十三所 本堂 金堂 一乗寺 西国三十三所 金堂 鐘堂 一乗寺 金堂 本堂 一乗寺 西国三十三所 本堂 一乗寺 西国三十三所 本堂 一乗寺 西国三十三所 三重塔 一乗寺 西国三十三所 本堂 一乗寺 西国三十三所 奥の院 一乗寺 西国三十三所 奥の院 一乗寺 西国三十三所 奥の院 開山堂 一乗寺 西国三十三所 奥の院 賽の河原 一乗寺 西国三十三所 奥の院 賽の河原 一乗寺 西国三十三所 奥の院 賽の河原 一乗寺 西国三十三所 奥の院 賽の河原 一乗寺 西国三十三所 奥の院 地蔵菩薩 一乗寺 西国三十三所 奥の院 地蔵菩薩 一乗寺 西国三十三所 奥の院 一乗寺 西国三十三所 弁天堂 一乗寺 西国三十三所 太子堂 一乗寺 西国三十三所 見子大明神 一乗寺 西国三十三所 見子大明神 一乗寺 西国三十三所

☝️クリックすると拡大表示されます

一乗寺の御朱印

一条寺 西国三十三所 御朱印

スポンサーリンク

一乗寺の拝観時間

拝観時間 8:00〜17:00

納経時間 8:30〜17:00

一乗寺の入山料

500円

宝物館入館料は別途500円
※往復ハガキもしくは、FAX(0790-48-3848)にて、事前に予約をお願いいたします

一乗寺への行き方(アクセス・地図)

電車

JR・山陽「姫路駅」からバス37分 下車すぐ

自動車

  1. 山陽自動車道加古川北ICから10分
  2. 山陽自動車道加古川北ICから28分

一乗寺の駐車場

有料あり (150台)
バス 2,000円, マイクロバス 1,300円, 乗用車 300円, オートバイ 130円

一乗寺の所在地・連絡先

所在地〒675-2222 兵庫県加西市坂本町821-17
電話番号0790-48-4000

コメント

タイトルとURLをコピーしました