岩間山 正法寺(岩間寺)(滋賀県大津市)

西国三十三所 岩間寺 御朱印基本情報
この記事は約3分で読めます。

岩間山 正法寺(岩間寺)(滋賀県大津市)の基本情報

岩間山 正法寺いわまさん しょうほうじ (岩間寺いわまでら)の基本情報(本尊、宗派、開基、霊場、縁起、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

岩間山 正法寺の本尊

千手観世音菩薩せんじゅかんぜおんぼさつ

岩間山 正法寺の宗派

真言宗醍醐派

岩間山 正法寺の開基

泰澄

岩間山 正法寺の御利益

 

岩間山 正法寺の霊場

  1. 西国三十三所 第12番
  2. ぼけ封じ近畿十楽観音霊場 第4番
  3. びわ湖百八霊場 第2番

岩間山 正法寺の縁起

○ 奈良時代722年、泰澄たいちょう大師が元正天皇の33歳の大厄の病を法力により治した褒美として建立しました。歴代天皇の尊崇厚く熊野、吉野に並ぶ、日本三大霊場の一として隆盛していました。

○ 泰澄は、霊地を求め岩間山を訪れた折、桂の大樹より千手陀羅尼を感得し、その桂の木で等身の千手観音像を刻み、元正天皇の御念持仏をその胎内に納め祀りご本尊としました。

○ ご本尊は、毎夜日没とともに厨子を抜け出て百三十六地獄を駆け巡り、苦しむひとびとを悉く救済し、日の出頃、岩間山へ戻られた時には汗びっしょりになられているので、そのお姿から「汗かき観音」さんと呼ばれています。

○ 泰澄大師が当地に伽藍建立の際、たびたび落ちる雷に困り果て、ご自分の法力で雷を封じ込めました。
そして落ちる訳を尋ねられたところ、雷は大師の弟子になりたいのだと申し出ました。大師は快く雷を弟子にし、その代わりに岩間寺に参詣の善男善女には、雷の災いを及ぼさないことを約束させました。
このことから「雷除け観音」と呼ばれています。

○ 本堂横手には松尾芭蕉が「古池や蛙とびこむ水のおと」を詠んだと伝えられている芭蕉の池が残っています。

スポンサーリンク

境内の様子

☝️クリックすると拡大表示されます

岩間山 正法寺の御朱印

西国三十三所 岩間寺 御朱印

☝️クリックすると拡大表示されます

スポンサーリンク

岩間山 正法寺の拝観時間

9:00〜16:30

岩間山 正法寺の入山料

500円

岩間山 正法寺への行き方(アクセス・地図)

電車

 

  1. JR琵琶湖線「石山駅」または京阪「石山寺駅」からバス停「中千町」下車、徒歩60分
  2. 毎月縁日の17日は、JR石山駅からシャトルバスあり
    石山駅発→岩間寺岩間寺発→石山駅
    7:508:30
    9:009:40
    9:1010:30
    10:2011:30

自動車

  1. 京滋バイパス石山ICから10
  2. 名神 瀬田西ICから15

岩間山 正法寺の駐車場

有料あり(50台)

岩間山 正法寺の所在地・連絡先

スポンサーリンク

参拝レポート

 

公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました