圓通寺

この記事は約2分で読めます。

圓通寺

圓通寺

本尊

阿弥陀如来

宗派

融通念佛宗

開基

 

縁起

JR学研都市線、放出駅から南へ七百メートル。圓通寺は森河内北端の、長瀬川沿いにあり、壽量山と号する融通念佛宗の寺院です。平野大念佛寺の末寺で、天得如来(阿弥陀如来)を本尊としています。本堂の他に地蔵堂・観音堂があり、観音堂に安置されている十一面観世音菩薩像は、聖徳太子の作と伝えられています。

また当寺には鎌倉時代の絹本着色阿弥陀三尊来迎図が残されています。 来迎図にはさまざまなものがありますが、圓通寺の来迎図は正面来迎図で、静的な構図の中に厳粛な気品が漂う優れた作品です。

金彩に切金を併用しての表現、切金技法が駆使された各種紋様は三十種類にも及び、製作技術の高さを示しています。切金というのは、金箔を細く切ったものを貼り付けて種々の紋様を施す技法で、金泥の技法が一般化するまではこれが主流でした。

境内案内

山門 入り組んだ所に寺は有りますが、山門が目立ちます

本堂 山門を入って正面に本堂があります

観音堂 山門を入って左奥にあります。暖かみのある作りです

御朱印

「大悲殿」

アクセス

大阪府東大阪市森河内西一ー三四ー二六

TEL06(6781)4272

JR学研都市線「放出駅」下車 南へ徒歩10分

関連

お詣り

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました