法華寺(奈良県奈良市)

神仏霊場巡拝の道 法華寺 御朱印○基本情報
この記事は約3分で読めます。

法華寺(奈良県奈良市)の基本情報

法華寺 本堂 法華寺HP
引用元:法華寺公式ホームページ
法華寺ほっけじの基本情報(本尊、宗派、開基、霊場、縁起、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

法華寺の本尊

十一面観音菩薩 (国宝)

イラストでわかる 日本の仏さま (中経の文庫) | 日本の仏研究会 | 歴史・地理 | Kindleストア | Amazon
Amazonで日本の仏研究会のイラストでわかる 日本の仏さま (中経の文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

法華寺の宗派

光明宗

法華寺の開基

開基 光明皇后こうみょうこうごう

法華寺の御利益

 

法華寺の霊場

  1. 神仏霊場巡拝の道 第18番(奈良第9番)
神と仏の道を歩く―神仏霊場巡拝の道公式ガイドブック (集英社新書 ビジュアル版 10V)
神と仏の道を歩く―神仏霊場巡拝の道公式ガイドブック (集英社新書 ビジュアル版 10V)
神と仏の道をたどる 神仏霊場 巡拝の道 公式ガイドブック | 神仏霊場会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで神仏霊場会の神と仏の道をたどる 神仏霊場 巡拝の道 公式ガイドブック。アマゾンならポイント還元本が多数。神仏霊場会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また神と仏の道をたどる 神仏霊場 巡拝の道 公式ガイドブックもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

法華寺の縁起

○ 聖武天皇により、741年国分寺・国分尼寺建立の詔が出され、聖武天皇の妃・光明皇后こうみょうこうごうの発願により建立されました。皇后の父である藤原不比等の旧宅を宮寺に改めたのが法華寺ほっけじです。正式には、法華滅罪之寺ほっけめつざいのてらと言います。

また皇族、貴族の子女などが住職となる門跡寺院であります。

○ 全国の国分尼寺こくぶんにじの筆頭寺院、総国分尼寺そうこくぶんにじとして女人成仏の根本道場の役割を果たし、782年ごろまで光明皇后が亡くなられた後伽藍の造営が続けられ、東西二塔を持つ大伽藍が誕生し完成しました。

○ 戦国時代には戦火を受けますが、豊臣秀頼の母である淀君によって再建され整えられます。

○ 本尊である十一面観世音菩薩光明皇后をモデルにしたと言われ、秘仏なのですが、春・初夏・秋の3回だけ特別開扉されます。

スポンサーリンク

境内の様子

 

☝️クリックすると拡大表示されます

法華寺の御朱印

神仏霊場巡拝の道 法華寺 御朱印

(神仏霊場巡拝の道)

☝️クリックすると拡大表示されます

法華寺の拝観時間

拝観時間 8:30〜16:30(受付16:00まで)

法華寺の入山料

○ 入山料

大人 700円 / 小・中学生 350円

スポンサーリンク

法華寺への行き方(アクセス・地図)

電車

  1. 近鉄「大和西大寺駅」からバス「法華寺」下車、徒歩3分
  2. JR「奈良駅」または近鉄「奈良駅」からバス「法華寺」下車、徒歩3分
  3. 近鉄「新大宮駅」から徒歩20分

自動車

  1. 第二阪奈道路「宝来IC」から10分
  2. 京奈和道路「木津IC」から7分

法華寺の駐車場

無料あり

法華寺の所在地・連絡先

参拝レポート

 

公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました