野宮神社(京都府京都市)

野宮神社基本情報
この記事は約2分で読めます。

野宮神社(京都府京都市)の基本情報

嵐山花灯路 竹林の小径

野宮神社ののみやじんじゃの基本情報(御祭神、御利益、霊場、由緒、境内、御朱印、アクセス)です。

スポンサーリンク

野宮神社の御祭神

野宮大神(天照皇大神あまてらすおおみかみ

野宮神社の御利益

良縁子宝学問

野宮神社の霊場

 

野宮神社の由緒

○ 野宮ののみやはその昔、天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王さいおうが伊勢へ行かれる前に身を清められたところです。

○ 嵯峨野さがのの清らかな場所を選んで建てられた野宮は、黒木鳥居と小柴垣こしばがきに囲まれた聖地でした。その様子は源氏物語「賢木さかきの巻」に美しく描写されています。

○ 野宮の場所は天皇の御即位毎に定められ、野宮神社の場所が使用されたのは平安時代のはじめ嵯峨天皇さがてんのう皇女仁子内親王じんしないしんのうが最初とされています。

スポンサーリンク

境内の様子

野宮神社

☝️クリックすると拡大表示されます

野宮神社の御朱印

 

野宮神社の拝観時間

 

野宮神社の拝観料

無料

野宮神社への行き方(アクセス・地図)

電車

  1. 阪急「嵐山駅」から徒歩20分
  2. 荒電「嵐山駅」から徒歩8分
  3. JR「嵯峨嵐山駅」から徒歩10分

自動車

  1. 名神自動車道 京都南ICから25分

野宮神社の駐車場

無し

野宮神社の所在地・連絡先

所在地〒616-8393 京都市右京区嵯峨野宮町1
電話番号075-871-1972

コメント

タイトルとURLをコピーしました