大聖勝軍寺 

この記事は約2分で読めます。

大聖勝軍寺

大聖勝軍寺 河内西国三十三所 第一番

御本尊

木造二臂如意輪観音思惟半跏像

植髪太子(秘仏)

 

宗派

高野山真言宗

 

開基

聖徳太子

 

縁起

当寺は聖徳太子が建立、神妙椋樹山大聖勝軍寺といいます。またの名を野中寺・願成就寺、俗に下の太子、むくの木寺、または太子堂と呼ばれています。

敏達天皇の時、大臣蘇我馬子をはじめ仏教を信ずる者が多い中、物部守屋は蘇我氏との勢力争いもあり、強くこれに反対しました。

守屋は阿都(八尾)に本宅を構え、矢作部、弓削部など弓矢を製造する職人を配下にもち、軍備を増強する一方、物部八十氏といわれ、その勢力を誇っていました。(矢作りの生命は「矢の尾」にあり「矢尾」を「八尾」と呼ぶようになります。)

 

霊場

河内西国霊場第1番
聖徳太子霊跡第2番
河内飛鳥古寺霊場第3番
河内飛鳥七福神(毘沙門天)

 

御朱印

『太子殿』

 

アクセス

大阪府八尾市太子堂三ー三ー一六

JR「八尾」駅から徒歩約12分

TEL072(922)3000

 

 

関連

お詣りレポート

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました