丹生川上神社

神社
この記事は約3分で読めます。

丹生川上神社

丹生川上神社

御祭神

本殿

主祭神:罔象女神(みづはのめのかみ)

東方:伊邪奈岐命(いざなぎのみこと)

西方:伊邪奈美命(いざなみのみこと)

東殿

中央:大日孁貴命(おおひるめむちのみこと)

東方:譽田別命(ほんだわけのみこと)[応神天皇]

西方:八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)

西殿

中央:開化天皇と上筒男命

東方:菅原道真と綿津見神

西方:大国主神と事代主神

摂社丹生神社

彌都波能売神(みづはのめのかみ)

末社東照宮

末社木霊神社

五十猛命(いたけるのみこと)

由緒

当神社の御祭神「罔象女神(みづはのめのかみ)」は、水一切を司る神様で水利の神として、又は雨の神として信仰され、五穀の豊穣に特に旱続きには降雨を、長雨の時には止雨を祈るなど、事あるごとに心からなる朝野の信仰を捧げ、水神のご加護を祈ってきました。
今を去る事千三百年余り前、第四十代天武天皇白鳳四年(675年)「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨(長雨の事)を止めむ」との御神教により創祀せられ、雨師の明神、水神宗社として朝廷の崇敬は殊の外篤く「延喜式」(927年)には名神大社に列せられ、又平安時代中期以降は、祈雨の神として「二十二社」の一つに数えられました。祈雨には黒馬を、止雨には白馬又は赤馬を献じ朝廷の特に崇敬する重要な神社でありました。763年より応仁の乱の頃までは朝廷よりの雨乞い、雨止めの奉幣祈願が九六度されていることが記録にみられることからも当社がいかに重要な神社であったかが伺えます。しかし、都が京都に遷り戦国時代以降はそのような祈願も中断され、丹生川上雨師神社もいつしか蟻通神社と称され、ついには丹生川上神社の所在地さえ不明となってしまいました。明治維新となり、丹生川上神社は何処かという研究調査が行われ、明治四年丹生村(下市町)、続いて明治二十九年川上村の神社が、夫々有力視され官幣大社丹生川上神社下社、上社とされました。蟻通神社こそが丹生川上神社だと大正十一年、当村出身の森口奈良吉翁の精緻な研究調査により丹生川上神社中社として官幣大社に列格され、ここに従来の二社は三社になったが、官幣大社丹生川上神社としては一社であります。そこでこの神社の社務所を当社に移して、下社、上社を統括して祭務を行ってきましたが、戦後神社制度の変遷により今日では三社別々の神社となったが、当社は「丹生川上神社」と登記されています。
本殿は江戸時代文政十二年(1829年)の建築で、東吉野村の文化財に、又瑞垣内にある灯篭は鎌倉時代の弘長四年(1264年)銘で、国の重要文化財に指定されています。

神武天皇の御親祭
神武天皇長随彦と戦うに当り、高倉山にて夢訓を得て、椎根津彦等に命じて天香山の土を取ってこらし、丹生川上に於て神祇を敬祭せらしめた。この御親祭こそ戦勝祈願の極めて重大なる祭典であった。

斯くて天皇は熱烈な祈願を籠められた。神霊の光助にて皇軍の士気大に振興し、先は国見丘にて兄磯城を破り長随彦を平定して橿原の宮で即位をなした。

厳瓮を川に沈めて酔魚の浮流により勝利を知らしめた瑞徴は、明治大帝の叡慮によって即位の大典に採用され大正昭和の御即位に際し紫宸殿南庭の萬歳旙上部に厳瓮と魚の浮出を繍飾してその瑞兆を記念せられた。因みに浮き出た魚は魚偏に占うと書く鮎(あゆ)である。

昭和十六年六月二十五日“皇紀2600年”を奉祝して“神武天皇聖蹟丹生川上顕彰碑”が建立されたのは、丹生川上が実に肇国発祥の地、皇室守護の神霊が鎮ります処からでもあります。

(ホームページより)

アクセス

〒632-2431 奈良県吉野郡東吉野村小968

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました